Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« 1年間分のアクセス解析 | トップページ | ボリュームのAカーブ Bカーブ とは »

2013年6月 7日 (金)

オーディオ機器のオプション基板の価格

先日のimpress watchにて、たて続きに発表されていたので気になりました。
 
24bit/192kHzに対応したデジタル入力の「DAC-40」と、アナログディスク入力の
「AD-30」を7月中旬より発売する。価格は、DAC-40が84,000円、AD-30が63,000円。
 
 Pcb_01
 
Jeff Rowland、プリアンプ「Capri S II」に24bit/192kHz DAC搭載モデル
差額(10万3,950円)を支払うことでDACモジュールのみの購入もできる。

 Pcb_02
 
 
    
基板の写真だけをみると、この価格が適正かどうか、判断はとても難しいです。 
 
 
アキュフェーズは、結構 昔から、このようにユニット化した物を売っていました。
アナログディスクを聴く人も随分と減ったように思います。 使わない機能は省いて
アンプ単体の価格を抑えているという風に考えると良いのかもしれません。 
 
DACユニットは、1bit系、マルチbit系と選べたらもっと楽しいかもしれませんね。
 
  
基板のサイズと、乗っている部品からかかっているコストを想像してしまうのは、あまり良くない
職業病なのかも。  RIAAイコライザ基板の原価は高くても4000~5000円くらいかな・・・ なんて。 

 
 

« 1年間分のアクセス解析 | トップページ | ボリュームのAカーブ Bカーブ とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ機器のオプション基板の価格:

« 1年間分のアクセス解析 | トップページ | ボリュームのAカーブ Bカーブ とは »

サイト内検索

Sponsors link

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ