Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« PICマイコンでIRリモコンの受信 | トップページ | 電子ボリューム実験基板 進捗 70% »

2013年6月13日 (木)

電子ボリューム実験基板 進捗 50%


 

ちょっとバージョンアップしました。

表面的には、あまり変わっていません。 メニューを増やしてATT値以外もあれこれと
設定できるようになっただけです。 

動画は、バーメータの表示方法を変更できるところを録画しています。

1、2、3、4はピークホールド有り。 5、6、7、8はピークホールド無し。

メーターの戻る速度を調整できたり、入力感度調整もつけました。

 

いかがでしょうか。

お遊びはこのくらいにしておこうかと思います。 

 

ちなみに、アップロードすると、音声と映像のタイミングが僅かにずれるようです。 なぜですかね。

 

※garagebandでテキトウに組み合わせたループ演奏を鳴らしているだけなのですが
youtubeは著作権侵害と訴えています・・・・  そうなんですか? そういうものなのですか?

広告が出ているのはそのためです。 

そのうち音が消えるかもしれません。 ご了承ください。
 
追記===========================

著作権侵害について youtubeに異議申し立てを送信しておきました。 おっかしいもんなぁ~
garagebandの音源をそのままプロが使っているって話も聞いたことありますが、最初の1小節
目から著作権侵害と言われても、ドラムを選択してならしただけじゃん。

« PICマイコンでIRリモコンの受信 | トップページ | 電子ボリューム実験基板 進捗 70% »

マイコン」カテゴリの記事

電子ボリューム」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

メニューの出し方どうされるのかなぁ?と思っていましたが、こうきましたか。

流石です。

こんにちは、リセットさん

そこに気がつかれましたか。 さすがソフト屋さんですね、思考が。
私も迷ったのです。 入力感度調整の時に、どうしてもバーメータ表示を止めたくない。
バーがどこまで振れているかを見ながら調整するものですから。

今回のマイコンソフトは、バーの動きと、このメニュー合成とで90%の労力を使いました。
アイデアは、もっとアグレッシブなものがあったのですが、私のソフトウェア能力はココまでです・・・
後日、暇があったら挑戦してみます。 

はい、チラツキが無いので文字列バッファで良い感じに合成+送出を実現されたのかなと感じました。
僕はリアルタイム送出を捨ててデマンドで画面更新するようにしてしまったので、そういう面白い事を入れ込む余地がないのでした!

高パフォーマンスでもたつきも見られないので、メニュー表示時のオーバーヘッドが既にある物としてチューニングされたのでしょうか。いいですね!

LCDの更新は常に30fpsを保つように、タイマーによるイベントドリブンです。
表示内容の合成はVRAMのように領域を確保して行なっています。 
そうすることでデータ転送時には、決まったエリアのデータを送るだけとなり、LOG変換やら、
IRリモコン受信などの負荷が掛かっても、イベントは時間のブレなく実行できます。
一番の負荷は250us間隔のADC取り込みです。

LCDへデータを転送したあとに、次回の転送まで33msの時間がありますので、残された時間で
のんびり計算しても確実に間に合うという仕組みです。 ということで特にチューニングはしていません。


と格好よく書きましたが、PICの処理速度の速さに助けられているだけと思います。

参考にしたエアバリさんのプログラムはオンデマンド方式のようでしたが、難しくてよく分りません(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57585333

この記事へのトラックバック一覧です: 電子ボリューム実験基板 進捗 50%:

« PICマイコンでIRリモコンの受信 | トップページ | 電子ボリューム実験基板 進捗 70% »

サイト内検索

Sponsors link

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ