Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« 電子ボリューム基板を発注 | トップページ | PICライターの準備 »

2013年6月28日 (金)

続 PICマイコンでIRリモコンの受信

つい、買ってきてしまった。 いわずと知れたappleリモート

Apple01

デザインはシンプルだがその作りの良さには脱帽するばかり。

これが一般民製品のマスプロダクツなのか・・・
 
 
 

小さくてかわいいリモコンという認識はあったものの、実際に手にすると驚きを隠せない。

かつてのSONY製品がそうであったように、手にしたものだけが味わえる満足感というのが、このメイド・イン・チャイナにはある。 確かにある。

 
   久しぶりに、小さな製品から衝撃を受けた。
 
 
まだ使っていないのに、使えていないのに、良い買い物が出来たように思ってしまった。
 
 
 
 
 
 
さて、これからマイコンで受信してみよう。
 
ただ、SONYリモコンの受信と両方に対応するのは、ちょっと無理がありそうです。 プログラム容量がかなりいっぱいになってきているので、何かをリストラしなければならないのです。
 
 
ペアリング機能は、ぜひ実装しておきたい。 
アップル製品が同じ部屋にあると誤動作してしまうためです。
 
macとリモコンをペアリングして、そのmacと1対1になったように見せかけて、ペアリングしていない機器は、全てのリモコンの信号を受信してしまうという仕組みのようです。 
 
Bluetoothのペアリングとはちょっと違う。 なんだか一方通行。 片思い。 
 
そんな風に思いました。 
 
 
 
 
 

最初はオークションでappleTVでも落とそうかと思ったのですが意外と人気があって競っているのでリモコンだけ購入しました。 しかもウチにはHDMIで接続できるTVは1台しかないので、なかなか繋げることができない。 そのTVは元々TSUTAYA-TVとかアクトビラとか標準で見られるし、DLNA機能もあってPCからmpeg4をストリーミングでレンダリングできたりと、appleTVの出る幕がないんです。  最近のTVって高機能すぎ。 
 

« 電子ボリューム基板を発注 | トップページ | PICライターの準備 »

マイコン」カテゴリの記事

電子ボリューム」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

購入されたのですね。
本当にオススメです。
クリック感も程よく、大変使いやすいリモコンですよね。
片思い、まさにその通り!
まてよー ウフフフフいやよーウフフみたいなイメージです。
ペアリングへの挑戦、期待しております。

思っていたより、質感が高いのに驚きました。 
プログラムは今から手をつけようと思います。 色々調べてなんとなく
雰囲気は分ったつもりですので、あとは組むだけです。
リセットさんに頂いた注意事項は、確かに気をつけないと忘れがちになり
ますね。 助かりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57677804

この記事へのトラックバック一覧です: 続 PICマイコンでIRリモコンの受信:

« 電子ボリューム基板を発注 | トップページ | PICライターの準備 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ