Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« オーディオ機器のオプション基板の価格 | トップページ | ひっそりと設置 »

2013年6月 8日 (土)

ボリュームのAカーブ Bカーブ とは

専門用語では抵抗変化特性というのですが、可変抵抗の抵抗値の変化は一定ではありません。

お店でもAカーブとかBカーブと別けて売っているのはご存じの方も多いと思います。

 
A_type

B_type

この2つの図はnobelの資料からの抜粋です。 実はAカーブといっても1つではありません。面白いのはBカーブでも直線ではないものがあるという事です。 

一般にオーディオ用としてはAカーブを使うことが多いと言われていますが、少なくとも過去に私が設計した業務用アンプではBカーブを指定されていました。 
ただし、そのまま直線タイプだと、ボリュームを上げ始めのところで急激に音量が立ち上がってしまうので、音量用Bカーブというものを使用します。 
これは、2連の場合だと、小音量時のギャングエラーを少なくするように調整されて、音量調整用として使っても大丈夫なものです。 上の図でいうと多分「3B」というタイプだと思います。 

こういう具合に音量調整量のボリュームといっても色々あるのです。 

 

Aカーブ側も見てみましょう。 一般には15Aというものが多いと思います。 
これはボリュームがセンターの時に15%の抵抗値になるようにしてあるものを言います。
Bカーブなら50%です。 

電圧で言うとBカーブならセンターで-6dB、15Aカーブなら-20dBです。

 

ちなみにバランスボリュームにはNM型というものを使用することが多いです。
これは、センターで左右どちらも減衰なし。 そこから左右に回すと、片方のみが減衰するという特性になっています。 

 
 
こういうカーブを見ていると、普段使っているボリュームの位置が9時方向よりも更に絞ったところって・・・ こんなに減衰させて使っているんだぁ  なんだかもったいない気分になりますね。  
 
パワーアンプなんて60dB~70dBくらい絞ったところで聴いています。 当然、ギャングエラーが盛大にでてしまうような場所で、厄介です。
 
 

« オーディオ機器のオプション基板の価格 | トップページ | ひっそりと設置 »

電子ボリューム」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57534294

この記事へのトラックバック一覧です: ボリュームのAカーブ Bカーブ とは:

« オーディオ機器のオプション基板の価格 | トップページ | ひっそりと設置 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ