Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« SEPPとは | トップページ | 出力段バイアスの安定化 »

2013年5月10日 (金)

本日の一等馬見所

アメリカ人建築家J・Hモーガンによる設計の競馬観覧席です。 

殆ど廃墟となっていますが現在も保存されています。

1930年に建設されたものだそうです。

 

Keiba01

Keiba02

こちらが建設された当時の写真。  80年以上たって、この姿で残っているというのは凄いですね。

 

アメリカに接収されていたからこそ残っていた建築物なのかもしれません。  競馬場の方は現在、公園となっていて、少し起伏のある楕円状のジョギングコースがあります。

競馬場の時からこの起伏があったのでしょうか? 
 

空中に浮いているかのような小屋部分は貴賓室ですが、さすがにその部分は撤去されています。

 

Keiba03

 

 

この競馬場は、日本初の洋式競馬場だった。 太平洋戦争中、戦況激化して競馬が中止され、横浜港や横須賀、東京湾がよく見渡せるという立地条件の良さから、日本海軍に接収された。
敗戦後、この元競馬場を含む日本軍の敷地の多くはアメリカに接収された。 という歴史があるらしい。

 

  現在もこの場所にアメリカ海軍の敷地がある。 消防署(FIRE STATION No.5)が日本側の道路に面したところにあるので、シャッターが開いていればアメリカ海軍の消防車を見ることができる。

ボンネットスタイルの消防車が現役で活躍している。

 

 

« SEPPとは | トップページ | 出力段バイアスの安定化 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57333404

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の一等馬見所:

« SEPPとは | トップページ | 出力段バイアスの安定化 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ