Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« DigiFi No.10 本日 発売です | トップページ | サンプリング定理とは »

2013年5月29日 (水)

電子ボリューム実験基板 進捗 10%

土日も時間をあける事ができず、進捗は極わずか。 

昨晩、ちょっとだけ進んで これまでの進捗は

 
・タイマー設定(ADC用、LCD用)

・ADC設定

・LCDのCGRAM表示

 

という感じです。


Pic16f01

 
10bitADCは、可変抵抗を付けて読み取り値を確認しましたが、意外とちゃんとした値が読めるようです。 
 
現在サンプリング周波数は4kHz。 これをL/R交互でシェアしているので、実質2kHzです。ちょっと遅いかなぁ と思いますが、実際の整流波形の取り込みはまだやっていません。

 
ピークをつかまえられれば良いので、LCDの更新速度33msの間で最大値を拾えればそれでよし。ダメなら別の案を考えることにします。

 

LCDの更新も毎秒30回と20回、15回 と試してみたものの、バーグラフ表示でもしないと違いがわかりません(笑

残像はそれなりにあるので、無駄に更新が速くても意味が無いかもしれません。 

 

こうして、実験しながらの検討は、ソフトウェアであっても結構楽しいものですね。

 

 

ここに、大変完成度が高く参考になるサイトがありました。 
フリスクケースと初音ミクの組み合わせがとてもうまい。 

プログラム容量の問題もあるので、テキトウなところで妥協しないといけないかもしれない。 けど、やれるところはやってやろうじゃないの。 

 

 

追記============================= 

 

上のサイトは、なんとエアーバリアブルさんのブログでした。

4年くらい前、仕事でPICを使おうとしたときに「無料のPIC最強開発環境」でコンパイラの設定とか色々勉強させて頂きました。 あの時は助かりました。 情報がとてもよくまとまっている素晴らしいサイトです。

そうそう、VUメータの方も詳細がちゃんと書いてあって参考になります。

ADの取り込みタイミングは約6msだそうです。 そのくらいで大丈夫なのかぁ。

 

 

今回も、勉強させていただきます。



« DigiFi No.10 本日 発売です | トップページ | サンプリング定理とは »

マイコン」カテゴリの記事

電子ボリューム」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57481209

この記事へのトラックバック一覧です: 電子ボリューム実験基板 進捗 10%:

« DigiFi No.10 本日 発売です | トップページ | サンプリング定理とは »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ