Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« サンプリング定理とは | トップページ | 電子ボリューム実験基板 進捗 20% »

2013年5月31日 (金)

本日 地デジ スカイツリーへ完全移行

関東地方の話です。

本日、午前9時に東京タワーの放送からスカイツリーへと送信を切り替えます。
 
T1

最初、どうやってチャンネル設定をやっているんだろうと思ったのですが、仕組みは単純でした。 

 

スパっと東京タワーからの送信をOFFにするのではなく、5秒ほどかけてクロスオーバー
するようです。

東京MXというローカルTVでは、東京タワーから送信している最中に、スカイツリーから別の
チャンネルで半年くらいサイマル放送していました。 その間、TVのチューナ設定を変えて手動で、どちらかの放送を選択することができました。  そういう自由度があるけど、TVの設定がわからない人には面倒かもしれません。
WEBの説明には、テレビが自動でチャンネルを更新するって書いてありましたが、うちにある
2台のテレビのうち1台は手動で設定しないと変わりませんでした。 
 

今回は、チャンネルが変わらない(周波数が同一)ので、テレビの機能の違いによる設定の有無はありませんが、アンテナの方向が変わったり、電界強度が変わったりとで少なからず
トラブルが発生するのではないでしょうか。 

 
午前9時5秒前からクロスさせ、ちょうど午前9時にスカイツリーからの放送となります。 
Majiでikouする5秒前
 
こういう大掛かりな変更は、数10年に1回くらいの大きなイベントかもしれません。 
 
 

« サンプリング定理とは | トップページ | 電子ボリューム実験基板 進捗 20% »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日 地デジ スカイツリーへ完全移行:

« サンプリング定理とは | トップページ | 電子ボリューム実験基板 進捗 20% »

サイト内検索

Sponsors link

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ