Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 信号源へ影響しにくい整流回路 | トップページ | VUメータとは »

2013年5月18日 (土)

整流回路部から試作を開始

Opamp01

整流回路のオペアンプとしては特に拘る必要はありませんが、手持ちでNE5532が沢山あるので
それを使用することにしました。  本当は発振しにくい4558系の方が良いと思います。

5532はオーディオ用として設計されたオペアンプですので、ノイズが少ないというメリットは
あるかもしれませんが、非リニア動作をさせると思わぬ落とし穴が出てくる可能性もあります。
 

Opamp02

ざっと、ラフスケッチを書いて、基板へと実装します。  

なぜか、こういう部品レイアウトを考えるときは、昔ながらの手書きでラフに書いていくほうがしっくりきます。

 

思ったより基板面積をくう  というのが正直な感想です。 

とりあえず、本日はここまで。  火入れは明日以降の予定です。 



« 信号源へ影響しにくい整流回路 | トップページ | VUメータとは »

電子ボリューム」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57404571

この記事へのトラックバック一覧です: 整流回路部から試作を開始:

« 信号源へ影響しにくい整流回路 | トップページ | VUメータとは »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ