Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« ソニー仕様 門外不出 の特製ハンダとは | トップページ | DigiFi No.10 本日 発売です »

2013年5月27日 (月)

本日の有珠山噴火口と洞爺湖

約1ヶ月ほど前の写真です。 全然、本日ではありません(笑

Laketoya01
 
有珠山の噴火口と洞爺湖です。

噴火する以前は、この場所に、アパートや民家が建っていました。
町営の温泉がかろうじて残っていて、現在も保存されています。 (営業はしていません)
 
 

Laketoya02

こちらが洞爺湖側から噴火口の方向をみた写真です。 この山の上、ここから200mくらいの場所に噴火口があり青い池になっています。 

左の建物が温泉でした。 
前回の噴火は山の登頂部ではなく、かなり横のあたりです。 富士山でいうと富士サファリパークや富士吉田市、第7サティアンあたりから噴火したような感じです。 
 

この噴火口は、温泉街の中心から500~600mくらいしか離れていない場所です。
徒歩10分圏内で噴火されたらびびりますよね。  わかさいも本舗の本店が一番上の写真の中に写っています。  

 
有珠山は、約30年周期で噴火を繰り返す活火山で、これだけ北に位置するにも関わらず洞爺湖は、火山熱のおかげで、冬場も凍りません。 
 
といいますか洞爺湖自体、典型的なカルデラ湖で、火山の噴火によってできた湖だということです。 
 
1~2年で噴火活動はぴたりと止み、その後は観光スポットになるという活火山も珍しいのではないでしょうか。 
 
 
 
Laketoya03
 
噴火によって水没した国道230号。 
 
現在も封鎖中。   迂回路は開通済み。
 
 
御土産にはこれがオススメです。
 
Id_info_015_001  
わかさいも本舗の「有珠まん」です。 上品で程良い甘さのつぶあんをパイ生地で包んだ逸品です。 
ありあけのハーバー横濱煉瓦より断然おいしい。 と 私は思っています。  
 
(※)あくまで個人の感想です。
 
 

« ソニー仕様 門外不出 の特製ハンダとは | トップページ | DigiFi No.10 本日 発売です »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57466435

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の有珠山噴火口と洞爺湖:

« ソニー仕様 門外不出 の特製ハンダとは | トップページ | DigiFi No.10 本日 発売です »

サイト内検索

Sponsors link

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ