Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« ボリュームの実験基板の進捗 5% | トップページ | MUSES72320を使ったキットなど »

2013年5月23日 (木)

外出さきから電源ONが認可

経済産業省、スマホの遠隔操作による家電製品の「電源ON」を一部許可

昨年、パナソニックのエアコンがスマホから電源をONできる機能を発表して、

経産省からNGをくらっていた件の続報です。 
 
詳しくは、上記サイトを読んで頂くとわかるのですが、当時、ドコモやシャープの製品で家電を外出先からコントロールできる機器が発売されていました。 そちらは経産省からは特にお咎めなく販売できていました。
 
 
パナソニックは、エアコン本体でその機能を実装したのですが、そこがいけなかったようです。 
 
 

今回の改正は省令自体ではなく、その解釈が修正されるという、ちょっと不思議な改正ですが、内容は非常にまっとうなものと思います。 

社外機器を外出先からコントロールできる機器を許している(黙認している)のに本体機能に実装したらNGにするなんていう解釈は、どうかしていたのです。
パナもかわいそう。 まあ、これが最初からOKだったとしても巨額の赤字には影響がなかったとは思いますが・・・ 

三洋電機・・・ ざんねん。 完全解体ですか。 そうですか。
 
 
 
三洋といえばIt'sシリーズの冷蔵庫、炊飯器などの白物家電。 一人暮らし用のちょっとおしゃれなデザインの製品で家電量販店を賑わしていました。 私も炊飯器とアイロンを買って、4年くらい前までアイロンの方は使っていました。 当時、コードレスアイロンは珍しく結構気に入っていました。

 
 
そして忘れられないのは、アルミナ基板のハイブリッドアンプSTKシリーズ。 
このアンプの音は素晴らしかった。 
 
DC安定度も抜群でしたし、安心して使えました。 少なくとも当時の私の耳ではTripath社のデジタルアンプICよりずっと迫力がある音で、気に入って製品に採用させて頂きました。

 ありがとう。 三洋電機
 
 
 
 

« ボリュームの実験基板の進捗 5% | トップページ | MUSES72320を使ったキットなど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外出さきから電源ONが認可:

« ボリュームの実験基板の進捗 5% | トップページ | MUSES72320を使ったキットなど »

サイト内検索

Sponsors link

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ