Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

本日 地デジ スカイツリーへ完全移行

関東地方の話です。

本日、午前9時に東京タワーの放送からスカイツリーへと送信を切り替えます。
 
T1

最初、どうやってチャンネル設定をやっているんだろうと思ったのですが、仕組みは単純でした。 

 

続きを読む "本日 地デジ スカイツリーへ完全移行" »

2013年5月30日 (木)

サンプリング定理とは

マイコンでADCを動かしているので、ちょっとだけ説明しようと思います。
 

ADCとはAnalog to Digital Converterの略で、アナログをデジタルに変換するものです。

コテコテの日本語にすると標本化といいます。
 
 

詳細は、アナログ-デジタル変換回路 と 標本化定理 あたりを読んで頂くとして、
 
Ad_conversion

現在、実験中のマイコンのADCはタイマー割り込みを使って250us間隔で読み込んでいます。

 

サンプリング周波数としては4kHzです。 ところが、PICマイコンのADCは1つしかないため、毎回取り込むポートをチェンジして値を取り込みます。 まあPICマイコンが特別な訳ではなく、一般的なマイコンはみなADC自体は1つしかありません。 

続きを読む "サンプリング定理とは" »

2013年5月29日 (水)

電子ボリューム実験基板 進捗 10%

土日も時間をあける事ができず、進捗は極わずか。 

昨晩、ちょっとだけ進んで これまでの進捗は

 
・タイマー設定(ADC用、LCD用)

・ADC設定

・LCDのCGRAM表示

 

という感じです。


Pic16f01

続きを読む "電子ボリューム実験基板 進捗 10%" »

2013年5月28日 (火)

DigiFi No.10 本日 発売です

とりあえず、会社帰りに本屋でもよって行こうかと考えています。

売っていれば良いのですが・・・
 
追記===================
 
思ったとおり、売っていませんでした。 大きな店舗を3店ほどみたのですが・・・
残念。
一体、何部発行しているのでしょうか。 DigiFiって。

2013年5月27日 (月)

本日の有珠山噴火口と洞爺湖

約1ヶ月ほど前の写真です。 全然、本日ではありません(笑

Laketoya01
 
有珠山の噴火口と洞爺湖です。

噴火する以前は、この場所に、アパートや民家が建っていました。
町営の温泉がかろうじて残っていて、現在も保存されています。 (営業はしていません)
 
 

続きを読む "本日の有珠山噴火口と洞爺湖" »

2013年5月25日 (土)

ソニー仕様 門外不出 の特製ハンダとは

 使うハンダくらいで音が変わるかよ!   と思う人は読まないほうがいいかもしれません。

 「ソニー仕様、門外不出」の特製ハンダ「M700ES-FPS」 

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1211/27/news131_3.html

http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/20121127_575493.html

 

写真を見ると千住金属さんのハンダのようです。

L_ts_tada05

 

 

「2003年にハンダの非鉛化が進められ、AV機器の音質は急に落ちたことを知られていますが、

 

われわれは自社で“高音質ハンダ”を開発しました。・・・

 

 

続きを読む "ソニー仕様 門外不出 の特製ハンダとは" »

2013年5月24日 (金)

MUSES72320を使ったキットなど

今まで調べたものをまとめておきたいと思います。
 
Aki03_2  

 

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-06469/

 

秋月電子 MUSES72320 電子ボリュームキット 4200円

  バッファ:オペアンプ別売り 表示なし
 

http://easyaudiokit.hobby-web.net/bekkan/E-VOL/E-VOL.html

藤原さんの高精度電子ボリューム  5400円+800円(7seg表示)

  ディスクリート構成のバッファ
 

続きを読む "MUSES72320を使ったキットなど" »

2013年5月23日 (木)

外出さきから電源ONが認可

経済産業省、スマホの遠隔操作による家電製品の「電源ON」を一部許可

昨年、パナソニックのエアコンがスマホから電源をONできる機能を発表して、

経産省からNGをくらっていた件の続報です。 
 
詳しくは、上記サイトを読んで頂くとわかるのですが、当時、ドコモやシャープの製品で家電を外出先からコントロールできる機器が発売されていました。 そちらは経産省からは特にお咎めなく販売できていました。
 
 
パナソニックは、エアコン本体でその機能を実装したのですが、そこがいけなかったようです。 
 

続きを読む "外出さきから電源ONが認可" »

2013年5月21日 (火)

ボリュームの実験基板の進捗 5%

現在、電子ボリューム基板は、一切ボリュームとは関係なく、なんちゃってVUメータの整流回路とマイコン、LCDの部分からとりかかっております。 

Vol01

しばらくぶりにマイコンのプログラムを書いていますが、準備含めて2日間やっとLCDに文字がでたところ。
 

続きを読む "ボリュームの実験基板の進捗 5%" »

2013年5月20日 (月)

純A級フルディスクリートヘッドホンアンプを発表してから

純A級フルディスクリートヘッドホンアンプを発表してから1ヶ月を過ぎました。

 

Classa02

大変、ご好評をいただいておりまして、この間だけで基板は25枚ほど出荷いたしました。
初版の30枚の完売に3ヶ月近くかかったことを考えると、相当な勢いです。

ありがとうございます。 

 

メールでも完成報告を数名かから頂きました。 みなさんに高評価をいただいておりまして少し安心しました。 

 

初版当時よりずいぶんと円安がすすみ、基板を同じコストでは製造できなくなってきましたが、この勢いでご購入していただけるのであれば、枚数を増やして、頒布価格を据え置きできると考えています。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

続きを読む "純A級フルディスクリートヘッドホンアンプを発表してから" »

2013年5月19日 (日)

VUメータとは

VUメータについてちょっと調べてみました。

Vu

現在もプロオーディオ機器用に製造されています。

続きを読む "VUメータとは" »

2013年5月18日 (土)

整流回路部から試作を開始

Opamp01

整流回路のオペアンプとしては特に拘る必要はありませんが、手持ちでNE5532が沢山あるので
それを使用することにしました。  本当は発振しにくい4558系の方が良いと思います。

5532はオーディオ用として設計されたオペアンプですので、ノイズが少ないというメリットは
あるかもしれませんが、非リニア動作をさせると思わぬ落とし穴が出てくる可能性もあります。
 

続きを読む "整流回路部から試作を開始" »

2013年5月17日 (金)

信号源へ影響しにくい整流回路

先日の整流回路は、こんな感じでした。 

Diode02_2

反転アンプで整流回路を組んでいます。  

+INと-IN端子間には仮想短絡(イマジナリショート)が成り立ち、一応-IN端子はGNDと同レベルにはなっていますが、フィードバック抵抗を介して僅かながら整流波形(歪んだ信号波形)が入力へと伝わってしまいます。 

続きを読む "信号源へ影響しにくい整流回路" »

2013年5月16日 (木)

入力信号レベルと出力信号レベル

ちょっと説明が足りてなかったと思うので、もう少し詳しく説明しようと思います。

一般にレベルメータ(パワーメータ)がついたパワーアンプは、この図の青線のように出力の電圧をレベルメータに表示しています。 (ボリュームは付いていない事のほうが多い)

Diode03

続きを読む "入力信号レベルと出力信号レベル" »

2013年5月15日 (水)

理想ダイオードと整流回路

主に整流に使用するダイオードですが、理想的な動作とはどんなものでしょうか。

答えは簡単で、ダイオードにかかる電圧が順方向になるとON。抵抗値ゼロ。 逆方向ではOFF。

Diode_vf

続きを読む "理想ダイオードと整流回路" »

2013年5月14日 (火)

廃業してしまうかもしれない

Ninestorys

先日、ツイッターで廃業するかもしれない。 と発言した作家さんがいました。

私は、殆ど本(小説など)を読まないのですが、そんな中、読んだことがある数少ない作家さんのひとりでした。

続きを読む "廃業してしまうかもしれない" »

2013年5月13日 (月)

電子ボリューム 悩み中

週末は、マイコンを調べたりして回路図を書きながら迷っていました。

Vol_01

続きを読む "電子ボリューム 悩み中" »

2013年5月11日 (土)

出力段バイアスの安定化

HPA-12基板の隠しパターンの1つです。

今までも何度か試してはいたのですが、効果がいまひとつだったので公開してきませんでした。

出力段のバイアス電圧を作っている直列ダイオード4個の部分にコンデンサを入れることで、電圧の安定化、及び、プッシュプルの上下でのインピーダンスの差をなくす効果があります。

 
Tips11_1

続きを読む "出力段バイアスの安定化" »

2013年5月10日 (金)

本日の一等馬見所

アメリカ人建築家J・Hモーガンによる設計の競馬観覧席です。 

殆ど廃墟となっていますが現在も保存されています。

1930年に建設されたものだそうです。

 

Keiba01

続きを読む "本日の一等馬見所" »

2013年5月 9日 (木)

SEPPとは

OTL回路やOCL回路で使われるのがSEPPと呼ばれる回路です。
Single Ended Push-Pull の略です。 
 
 
   一体、どこがシングルなのか?
 

と疑問に思うかもしれません。 またシングル以外には何かあるのでしょうか。

実はSEPP以前にDEPP(Double Ended Push-Pull)という回路がありました。

 

続きを読む "SEPPとは" »

2013年5月 8日 (水)

電子ボリューム考察(2)

大分時間があいてしまいましたが電子ボリューム考察(1) の続きです。

ざっと調べたところ、オーディオ用電子ボリュームICはこんな感じでしょうか。
低価格なラジカセ用やカーステ用は調べていません。
 
 
   Wolfson  WM8816   ・・・・  生産中止
   Micro Analog Systems  MAS6116  現行品  WM8816 互換
   Cirrus Logic  CS3310  現行品?
   TI   PGA2310 ・・・ 現行品?
   TI   PGA2311    現行品
   JRC   MUSES72320  現行品
 
 
大別すると、オペアンプ内蔵タイプと、オペアンプ外付けタイプがあります。
 
Mas6116

続きを読む "電子ボリューム考察(2)" »

2013年5月 6日 (月)

OTL回路とは

OTL回路とは Output Transformerless circuit のことなのですが、
真空管を使ったアンプではアウトプットトランスというトランスが使われていました。

最終段からの出力のインピーダンス変換とDCカットの両方を一気に実現するために必要不可欠なアイテムでした。
 

6as7otl

そして、そのトランスの良し悪しが音質の良し悪しに直結するものでもあり、球選びと同等か、それ以上のファクターを占めているものでもありました。

続きを読む "OTL回路とは" »

2013年5月 5日 (日)

DigiFi No.10 USBヘッドホンアンプが付録

既にご存知の方が多いとは思いますが、DigiFi No.10 に USB接続ヘッドホンアンプが付録します。

Digifi10

今回も、東和電子が設計していて、以前のUSBアンプと同様に電源電圧を昇圧する回路を搭載しています。
 

続きを読む "DigiFi No.10 USBヘッドホンアンプが付録" »

2013年5月 4日 (土)

20万アクセス

昨年の5月の終わり頃からはじめた、このブログですが、1年未満で20万アクセスを突破しています。

                みなさんありがとうございます。
 

            yaha3 
 

なんと言いましょうか、このようなマイナーでディープなオーディオ回路設計コラムを書いてきて、はたして何人の方がアンプを設計できるようになるのか。 知る由もありませんが、私自身も学生の頃、オーディオに興味があっても雑誌を読む程度で、回路にも色々な名称があるんだな。 という知識だけ増えて、結局、何かのアンプが作れた訳ではありませんでした。
 
 
こうしたコラムで、オカルトではないオーディオ回路・アナログ回路として、少しでも知識が得られれば幸いです。
 

続きを読む "20万アクセス" »

2013年5月 3日 (金)

再開いたします

休止しておりました基板の頒布とブログの更新を再開いたします。
2週間ちかく帰省していました。

その間、基板のご予約をされて2週間もお待ち頂いた方々には、本当に申し訳ございませんでした。
 
 
役所や銀行、社会保険庁、法務局、などなどGWの休日には止まってしまうので手続きが滞ってしまって時間がかかります。 お寺の住職さんが若いのにとても親切にしてくださったのが救いです。 
 
色々大変とは聞いていましたが、とても面倒なものが多いのを実感しました。 
 

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ