Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« バランス対応ポータブルアンプ | トップページ | 純A級ヘッドホンアンプ完成 »

2013年4月14日 (日)

出力インピーダンスの計算

現在、進行中の純A級ヘッドホンアンプの出力段のインピーダンスをざっくりと計算してみましょう。  3パラから2パラに減っているけど、どうなのでしょうか。

以前の3パラのときは、出力段の設計(4) で計算していました。

 

1つの出力TRのエミッタが3.76Ω それにエミッタ抵抗3.3Ωを足して 約7.1Ω
これが6個あるので、約1.2Ωくらいです。

 

Hpa122para

 

今回は、どうなのでしょう。  早速計算してみましょう。

 

ドライバ段の出力インピーダンスは、出力段の設計(4) から拝借して約130Ωです。

最終段の条件を hfe = 100

          IC = 50mA

          gm = 40xIC = 2S

          Rs = 130Ω

とすると

  Zo = (1÷(1+100))(130+(100÷2))= 0.0099 x 180 = 1.782 Ω

これにエミッタ抵抗 2.2Ωを足して、3.982Ω 

これが4個 ありますので 3.982Ω ÷4 = 約 1.0Ω

 

なんと、2パラでもコレクタ電流が多いので、3パラと同等の出力インピーダンスとなりました。

  

 

そうそう、忘れていました。 出力段のエミッタ抵抗は現在2.2Ωを使用しています。

 

アイドリング電流が多いので、エミッタ抵抗でロスってしまう電圧が多くなるため、少し小さくしました。

 

 

« バランス対応ポータブルアンプ | トップページ | 純A級ヘッドホンアンプ完成 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57170613

この記事へのトラックバック一覧です: 出力インピーダンスの計算:

« バランス対応ポータブルアンプ | トップページ | 純A級ヘッドホンアンプ完成 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ