Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 純A級の最終段 | トップページ | ヤマグチノボル氏 »

2013年4月11日 (木)

2ポール位相補償

C1815ft

こちらのグラフは、2SC1815のトランジション周波数特性なのですが、HPA-12の最終段では約10~15mAくらいで使っていますのでftは400MHzくらいまで伸びていることになります。

今回、純A級に使用しているC3421/A1358はグラフが載っていないのですが、IC=100mA時で120MHzとなっています。

つまり、 

このトランジスタを使用していると、高域の位相遅れが早くおとずれるということになります。

正確には、C1815/A1015がとても高速だったということだけなのです。 もっと大電流を流せるパワーTRでは、更にftが低くなります。

 

ということで、今までの位相補償だけではちょっと位相余裕が足りなくなってきたようですので、少し高度なテクニックを使うことにしました。

 

まあ、知っている人にとっては、普通の技術なのですが、2ポール位相補償というものを使います。 ラグリード型位相補償ともいいます。 

 

パワーアンプくらいの仕上がりゲイン(26~30dB)であれば、ここまで深いNFBが掛からないのですが、ヘッドホンアンプではゲインが低くなりますのでNFB量が増えます。

 

Hpa12_10_2

 

これが、2ポール位相補償のオープループ特性。 色々な利かせ方があるのですが、今回は、NFBの帯域を確保しつつも青丸の部分が早くゲインが下がるようにしています。

 

Hpa12_7

 

こちらは以前のオープンループ特性です。 



« 純A級の最終段 | トップページ | ヤマグチノボル氏 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57146602

この記事へのトラックバック一覧です: 2ポール位相補償:

« 純A級の最終段 | トップページ | ヤマグチノボル氏 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ