Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« トランジスタの熱設計 | トップページ | 2ポール位相補償 »

2013年4月10日 (水)

純A級の最終段

Classa01

現在は、こんな感じになっています。

 
先日、熱計算をしたのですが、さすがに3パラを密集させると熱の逃げ場がありませんから真ん中を抜いて2パラとしています。
 

ちょっと帰省していたりと、進み具合が悪かったのですが、エージングが進んできましたので、そろそろ、音のチューニングに入ろうかと思っています。

 

前回は、とてもわがままな選別が必要でしたので、基本にもどり、選別なしでハムなどを誘発しない構成にしたいです。

それにしても、滑らかで暖かみのある音調です。

アイドリング電流は40mA x 2パラ 触ると、ちょっと熱いと感じる程度。 恐らく50℃くらい。

これなら全く問題ない温度です。 

放熱パターンが効いているので、素の計算よりすこし温度が低いです。

 

 

« トランジスタの熱設計 | トップページ | 2ポール位相補償 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57139808

この記事へのトラックバック一覧です: 純A級の最終段:

« トランジスタの熱設計 | トップページ | 2ポール位相補償 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ