Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« HPA-12の動作について(3) | トップページ | Gibsonがティアックを子会社化 »

2013年3月29日 (金)

製作例集をちょっと更新

みなさん、とても綺麗に仕上げて頂いて、嬉しい限りです。

完成のご報告をいただけますと、基板を作って良かった と思う次第でございます。

こんなマイナーなブログをご覧になって頂けるだけでも嬉しいのですが、
作成されたヘッドホンアンプの音を実際に聴いて、気に入って頂けるというのは、
本当に幸せだなっと思います。

みなさんありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。 

« HPA-12の動作について(3) | トップページ | Gibsonがティアックを子会社化 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

たかじんさん
こんばんは。

こちらこそこんなに素晴らしい音が聴けるなんて、たかじんさんに感謝です。

絶対に自分で設計しプリント基板を作ることは不可能なので、頒布して頂けるだけでもうれしいです。
更にこれほど音が良いなんて期待していませんでした (笑)

このブログと巡り合えて本当に良かったです。

これからもよろしくお願いします。

aizzak さん こんにちは。

最初はプリント基板ではなく、ユニバーサル基板で作れるアンプを と思っていたのですが、
実際に自分で作ってみると、結構ハードな作業で中級者以上の腕前と、上級者レベルの根性が
必要なことがわかりました(笑

音質的には、配線が太いはずのユニバーサルの方が有利かなとも思っていたのですが、
電源をアンプのすぐ傍に置いて、パターンをより理想的な状態へと設計しなおした部分もあってか
プリント基板の方が外来ノイズの影響が少なく、音質もよいという結果になりました。

私自身、こんな普通の回路で、ここまでの音に到達するとは想像していませんでした(笑
奥が深いですね。 オーディオ回路って。

こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57056702

この記事へのトラックバック一覧です: 製作例集をちょっと更新:

« HPA-12の動作について(3) | トップページ | Gibsonがティアックを子会社化 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ