Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« トランジスタのデータシートの読み方(2) | トップページ | ダイオードの種類と特徴 »

2013年2月15日 (金)

日本のトランジスタの命名法

日本でのトランジスタの命名法はJISで決まめられています。 JISとは日本工業規格です。

 

PNP と NPN で 2SA*** 2SC***となっているのは気がつく方が多いと思います。

それ以外にも色々決まりごとがあります。

 

2SA: PNP 高周波用トランジスタ
2SB: PNP 低周波用トランジスタ
2SC: NPN 高周波用トランジスタ
2SD: NPN 低周波用トランジスタ
2SJ: PチャネルFET
2SK: NチャネルFET
3SK: デュアルゲートNチャネルFET 

という具合です。  そのあとにつづく数字はJISに登録した順番です。

 

連番なので、特性とか一切関係なく数字が並べられますから、当然、調べるのは苦労することになり、トランジスタ互換表なんてものがありました。 QC出版から出ていました。

 

Tr1   

Tr2_

 

完全に互換というよりは、交換しても問題がない上位のトランジスタがメーカーを問わず載っています。 便利といえば便利ですが、そうやって修理された機器が、同等の性能を発揮したのかどうかは不明です。  AF帯域なら問題ないのでしょうけど・・・

 

とは言え、お世話になった人も沢山いるのではないでしょうか。  電子パーツショップには必ず置いてありましたね。 

 

 

追記==============================

 

 

その後、調べていたらわかったのですが、JISのこの命名法は 1993年に廃止されたらしい・・・
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=1848134

 

 

 
んじゃ、今はどうやって番号を決めているの???

 

 
  

« トランジスタのデータシートの読み方(2) | トップページ | ダイオードの種類と特徴 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/56766735

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のトランジスタの命名法:

« トランジスタのデータシートの読み方(2) | トップページ | ダイオードの種類と特徴 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ