Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« HPA-12のページの更新 | トップページ | トランジスタのデータシートの読み方(1) »

2013年2月11日 (月)

hfe測定方法

厳密に測定する必要はないと思います。 

というのも、ペアの差が少なければよいということで、相対的な数値が読み取れれば問題ありません。

 

一番お手軽な測定方法として、このようなテスター(デジタルマルチメータ)を使用するのが良いでしょう。


Hfe1

このテスターは、5年くらい前に秋葉原で980円で購入したものです。

全く同一かどうかは分りませんが、昨年くらいに秋葉原各所で見かけたのは680円。 この価格でhfeも測定できて、電圧、電流、ダイオードのVf、抵抗値を測定できるのであれば、お買い得でしょう。 


ただひとつ難点をいえば、オートパワーオフ機能がなく、スイッチをOFFへ戻し忘れると電池が切れるまで電源が入りっぱなしになってしまう。 あと、レンジがオートではないため、小さい値のレンジに大きな電圧などをかけると、一発で壊れてしまう可能性もありますから、アナログテスタのように慎重にレンジを設定する必要があります。



一応、±は自動で認識しますので、アナログテスタよりは使いやすいかもしれませんね。
  

« HPA-12のページの更新 | トップページ | トランジスタのデータシートの読み方(1) »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/56744121

この記事へのトラックバック一覧です: hfe測定方法:

« HPA-12のページの更新 | トップページ | トランジスタのデータシートの読み方(1) »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ