Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« ダイアモンド差動回路とは | トップページ | HPA-12のページの更新 »

2013年2月 9日 (土)

第4弾 907対抗セッティング HPA-12

Hpa12_907_2
 
 
    
  
    
 
   
 
対抗なんて言うと、失礼にあたるかもしれません。
正確にはサンスイ907の音楽の鳴らし方を参考にさせて頂いたチューニングです。

 
   
  
  HPA-12 meets 907sounds とでもいうべきでしょうか。

 

 
保険をかける意味で付けていた基板の隠しパターンを使用することにしました。
ただ、それだけではこの音を作り出すことができず、パターンカットも4箇所ほど行なっています。 また理由はさておき、初段トランジスタのhfe選別も必要になりました。   
  
 
 
 
 
 
 
音の方は、聴いてみてのお楽しみとさせて下さい。
 
907と比べて勝つとか負けるとか。 どの音が正解だとか。
そういう言葉は、もはやいらないのかもしれない。
  
 
 
心から音楽を愉しもう。 バイオリンはバイオリンらしく。 ピアノはピアノらしい。 歌姫は歌姫であり。 ドラムスのスティックさばきが見えるかのように。 みな、活き活きとしている。  
 
 
 
 
  ありがとう。 サンスイ。
 
 
 
 
 
 
 
もう 私には感謝の言葉しかありません。
 
 
 

« ダイアモンド差動回路とは | トップページ | HPA-12のページの更新 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/56707471

この記事へのトラックバック一覧です: 第4弾 907対抗セッティング HPA-12:

« ダイアモンド差動回路とは | トップページ | HPA-12のページの更新 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ