Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« DSD対応USB DACのインターフェイス | トップページ | 米Threshold社のSTASIS回路とは(2) »

2012年12月27日 (木)

米Threshold社のSTASIS回路とは(1)

テクニクスclassAA回路と似ている、元にしているなどと言われているThreshold社のSTASIS回路ですが、この回路についてちゃんと説明しているものを見たことがありません。 ちょっと解析してみましょう。

 

概要については、こちらをご覧ください。 
STASIS回路を使ったNakamichi PA-70

テクニクス ClassAA回路の実際テクニクス ClassAA回路とは も参考にどうぞ。

Stasis1

 

 

まず、回路の一部にAクラスアンプがあるというのは、STASISもclassAAも同様です。

そして、そのAクラスアンプとは別に電流を供給するセクションがあるというのも似ています。 しかし、classAAの方は、この電流供給セクションは電圧増幅部から独立したひとつのアンプとなっていて、強力にスピーカをドライブできるだけの低インピーダンスな出力段を持っています。

 

一方、STASIS回路のほうは、カレントミラー出力により、高インピーダンスな回路で電流を出力しています。 とは言っても、インバーデッドダーリントンと同様に強力な帰還がAクラスセクションの最終段との間にありますから、見かけ上のインピーダンスは下がり、電流の供給能力としては十分な回路です。

 

そしてSTASISとclassAAの決定的な違いは、オーバーオールのNFBの有無です。

STASISは、電圧増幅段である2段目から初段の差動回路へと帰還し、最終段の出力からは帰還していません。 いわゆる終段無帰還タイプのアンプです。終段無帰還インバーデッドダーリントンの変形とも取れる回路です。

 

何となく思想は似ているのですが、実現の方法や、最終的な方向性は結構ちがうように思います。

 

さてさて、実際の回路はどうなっているのでしょうか。

Stasis1

 

これがSTASIS回路・・・・ 

 
 
明日につづく。

« DSD対応USB DACのインターフェイス | トップページ | 米Threshold社のSTASIS回路とは(2) »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/56393250

この記事へのトラックバック一覧です: 米Threshold社のSTASIS回路とは(1):

« DSD対応USB DACのインターフェイス | トップページ | 米Threshold社のSTASIS回路とは(2) »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ