Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 回路シミュレータ | トップページ | ハムノイズ増加の原因 »

2012年12月14日 (金)

第3弾 完全DCヘッドホンアンプ 始動

Hpa12dc_2 

フルディスクリートヘッドホンアンプ基板HPA-12の回路実装、第3弾目です。

元々、この基板は、回路の実装方法によって、幾つかのパターンの回路を作れるように工夫してあります。  この写真では入力のカップリングコンデンサは実装されていますが、入力端子はAC-INとDC-INがあって、簡単にDC入力へと変更することができます。 

その前に、ちょっと寄り道させてください。 写真のセンターに写ってい白い筒状の部品は、スチロールコンデンサといって、昔のオーディオ機器には良く使われていました。

たまたま、電子部品屋で見かけて、ちょうど良い220pFがあったので購入しました。
3週間ほど前のことです。

このスチロールコンデンサ、通称スチコンは、ある時期を境に突然市場から消えました。

私がメーカに入社したときには、既に社内で使用禁止とされていました。
先輩に聞いたところ、熱に弱いからね・・・  と、なんだか頼りない返答。

音は割と良いと思います。
5~6万円程度の普及価格帯から30万円を超えるような高級機にまで使用されていました。 高級機では銅箔スチコンなんてものも搭載されていたようです。

25年くらい前のアンプなどには、わんさかと入っていたのに、どうしてこのような事態になったのか真相は私も知りません。 情報をお持ちの方は、ぜひともお聞かせください。

 
さてさて、ヘッドホンアンプの話にに戻るのですが、単純に入力をDC側へとつなぐだけではありません。 入力のトランジスタをFETに交換です。
 
そうしないと、入力バイアス電流が流れてしまい、ボリュームを傷めてしまいますし、ボリュームの位置によって出力にDCオフセットを出してしまうからです。
 
単純に差動の素子を2SK30ATMに交換してみました。

 が、しかし。
 
残念なことに、ちょっと調整をしなければならない事態になりました。

カナル型のヘッドホンだと、ハムノイズが聴こえてしまいます。
MDR-CD3000というもうちょっと感度の低いヘッドホンでは聴こえません。

 

もう少しのところではあるようです。 ということで、久しぶりに、アンプのチューニング作業に入りたいと思います。

DCヘッドホンアンプバージョン 始動です。 

お楽しみに。



« 回路シミュレータ | トップページ | ハムノイズ増加の原因 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/56312845

この記事へのトラックバック一覧です: 第3弾 完全DCヘッドホンアンプ 始動:

« 回路シミュレータ | トップページ | ハムノイズ増加の原因 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ