Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« Ubuntu Studio と xbmc でAirPlayを | トップページ | アンプのGND配線方法ノウハウ »

2012年11月28日 (水)

Ubuntu Studio と xbmc でAirPlayを (2)

忘れていました。

お古のPCにSPDIF出力があることを。
 
マザーボード上に端子がでているので、そこからTOSLINKへと配線して光ケーブルで
DATへ接続。 OPTICAL入力にして待機させます。
やっぱりオーディオ機器とPCは絶縁しておくと安心できます。
 
って、随分とまわりくどいことしてますが、これはあくまでも実験です。
実用にしようとはこれっぽっちも考えていません。
 
Xbmcion0030

そんな訳で、無事に光出力から音声を出すことができました。

PCからiTunesで再生開始すると、2~3秒程度遅延してから音が出始めます。
ボリュームコントロールも同様に遅延します。
曲が鳴っている最中に別の曲を選択すると、すぐに音が止まるのですが、なぜか、
前の曲がどこかにバッファリングされているようで、ひと呼吸置いてから2秒間ほど
前の曲が鳴って、ようやく選曲した曲が鳴りだします。  
この微妙なクセは、システムに依存する可能性も否定できません。 
 
音質は、悪くないですね。  
Ubuntu Studioのおかげかどうかは判断できませんが、かなりまともな
音がするように思います。 単にDATのDAコンバータが優秀なのかもしれません。
使ったDATは、20年近く昔のモノですが16万円ほどする中級機ですから。
 
無音PCか、素直にAppleTV、もしくはAirMAC Expressあたりを購入することで、
PCオーディオとして使えそうな感じがします。
 
xbmcを使うメリットは、外部PCやUSB-HDD、NASなど、PC周辺機器がそのまま
使えるという点です。 そういうのが要らなければApple製品を買うだけですね。
 
昨日の説明のようにxbmcが自動起動するようにしてありますので、このお古のPCには
モニターもキーボードも繋げていません。
電源を入れると、勝手にAirPlay待ちうけになってくれて、出力をしないで黙っていると
5分後には自動でシャットダウンする。 もちろん電源ボタンを押しても電源OFFにできる。
 
そんなお手軽AirPlayスピーカもどきにできるのです。
ちなみに、Ubuntu StudioからUSB-DACへの出力も可能ですからxbmcも出力できる
と思います。 こういう自由度はPCならではですかね。
 
 

« Ubuntu Studio と xbmc でAirPlayを | トップページ | アンプのGND配線方法ノウハウ »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/56197651

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu Studio と xbmc でAirPlayを (2):

« Ubuntu Studio と xbmc でAirPlayを | トップページ | アンプのGND配線方法ノウハウ »

サイト内検索

Sponsors link

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ