Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« ラウドネス | トップページ | ヘッドホンアンプ基板でパワーアンプ »

2012年11月25日 (日)

ラウドネス(2)

すみません。 昨日は、東京高音の自作アッテネータを発見して興奮してしまいました。

個人にも売るような直売サイトが発見できず、お店にラインナップされるのを待つしかないようです。

 

さて、ラウドネスの続きです。

 

4端子のボリュームが入手できないからといって諦めるのは早いです。

 

普通の3端子のボリュームを使ってもラウドネススイッチと同等のLow-Boostは簡単に実現できます。 

 

正確にはボリュームの位置によらずずっとLow-Boostが掛かる回路なのですが、今回のミニパワーアンプは、そもそも大音量でならずほどのパワーがないので良しとしましょう。

 

回路図は、こうです。

 

 

Lod2

 

特に、工夫というのはありません。 ボリュームの前にLow-Boostをつけただけです。

4端子のボリュームの中点以上へボリュームが回らない状態という感じです。

 

抵抗値はR2を5.6kΩで、約6dBのブースト量。 3.3kΩなら約3dB程度。 

 

使うスピーカに合わせて設定すればよいと思います。

 

 

周波数は1kHzに対して100Hzで上記のブーストになります。  

 

コツはあまり派手にブーストしないという点です。 コンデンサは、フィルムコンデンサを使用します。

 

ラウドネスのON/OFFスイッチを付けるのであれば、C1の両端をショートするようにスイッチを入れると良いです。 ショートするとラウドネスOFFです。

 

私の持っているスピーカは、ほどほどに低音も出るスピーカですので、3dBブーストにしています。 たった3dBブーストでも小音量でバランスよく聴けるようになりました。 

 

普段、ヘッドホンで大音量で聴いていると、ベース音がハッキリと聴こえない小音量での試聴というのはストレスが溜まるのですが、これでかなり解決します。

 

 

実の所、低域をブーストするとそれだけパワーを喰ってしまいますので、出力の小さいアンプでは諸刃の剣です。   

 

しかしながら、HPA-12ミニパワーアンプの少し豊かになったベース音とともに聴く、中高音の滑らかさ、緻密さ、繊細さ、響きの綺麗さは格別です。 

 

目をつぶると、きれいに歌い上げるボーカルの中にもちゃんと芯があり、奥行きや空間の広さや天井の高さが判るような、そんな空間表現力は、ヘッドホンでは聴けない世界かもしれません。

 

小型スピーカなら、6dBブーストの方が良い場合が多いとは思います。 お好みで設定してみてはいかがでしょうか?

 

フルディスクリートヘッドホンアンプ基板のページの方も、ミニパワーアンプを追加更新しています。 

 

 

 

 

« ラウドネス | トップページ | ヘッドホンアンプ基板でパワーアンプ »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

3dBと6dBの切替スイッチ付けると使い勝手良さそうですね。

CR-X さん

そうですね。 スイッチでon/off 3/6dB切換えがあると、曲に合わせたり
音量に合わせたりできるかと思います。

早速、作ってみようと思います。が、VRに付けるラウドネス回路では10KΩのVRですが、50KΩのVRの場合はRCの値はどうなりますか?

ricechaild さん

抵抗は、10kVRを50kVRに変更するのでしたら、R1、R2も5倍の抵抗値にして下さい。
そして、C1は1/5くらいに小さくすれば、周波数が保てます。
BOOSTの周波数は、実際に音を聞いて調整されても良いと思います。 

古いサンスイのプリメインアンプで、電動ボリュームから東京光音のボリュームに交換したところ、ラウドネスが作動せず、半ばあきらめていたところ、このサイトに巡り会いました、ご掲載の回路図にあったようにラウドネスの線をINの端子につないで、もう1本はINの端子の前に、ボリュームの約半分の抵抗を入れてみたところ、みごと大正解でした!
とても感謝です、ありがとうございました。

カワノさん

ラウドネスは、昔のアンプはついているモデルが多かったですね。
この回路で復活できて良かったです。

東京光音のアッテネーターはなかなかの音ですよね。 私もテスト環境で使うことがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/56173083

この記事へのトラックバック一覧です: ラウドネス(2):

« ラウドネス | トップページ | ヘッドホンアンプ基板でパワーアンプ »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ