Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« フルディスクリートヘッドホンアンプのNFB量は | トップページ | ラウドネス »

2012年11月23日 (金)

現在 第2弾のミニパワーアンプ進行中 

Sp1

ざっと、こんな感じになっています。

初段トランジスタを2パラ化して、振幅電圧を稼ぐ方向でチューニング中です。
具体的には初段の負荷抵抗、エミッタ抵抗、2段目エミッタ抵抗、それと、初段定電流の半固定の並列抵抗を変更しています。 

 

低域は、やっぱり優しい音のままですが中高域の響きがよく出ていて、以前よりちょっと芯がある音になってきました。

 

ヘッドホン用とスピーカ用とは、少し方向性を変えた方が良いようです。

 

ヘッドホンでは、音量を大きめにして聴くので、耳が痛くないように刺激の少ない音にしていましたが、そのままスピーカを鳴らすとちょっと物足りない。

 

いや、もっとアンプにパワーがあって隣人もいなくて迷惑をかけないのであれば大きな音で聴きたいのです。が、そういう訳にもいきません。<

 

この際、両立は清く諦めて、スピーカ用としてチューニングしてみます。

 

     それにしても

     大きな音で鳴らしているわけでもないのに

     この包みこまれるような空気感といい 響きの心地よさといい

     なんなのだろう・・・

 

今日、鳥肌がたつことが多いのは、寒いからという理由ではなさそうです。

 

 

« フルディスクリートヘッドホンアンプのNFB量は | トップページ | ラウドネス »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/56169049

この記事へのトラックバック一覧です: 現在 第2弾のミニパワーアンプ進行中 :

« フルディスクリートヘッドホンアンプのNFB量は | トップページ | ラウドネス »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ