Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« 入力バイアス電流 | トップページ | ACアンプのNFB回路 »

2012年10月25日 (木)

続 入力バイアス電流

昨日の説明が、ちょっと足りなかったので補足します。
 

Nfb0

 このような感じで+入力端子と-入力端子からみた抵抗値を揃えておくことで、オフセット電圧がでるのを小さくすることが出来ます。
 
 

Nfb1

 
非反転回路ですと、こんな感じ。
 
オペアンプを使った回路で初心者でありがちな間違えパターンは、カップリングのあと上の回路でいうとR3の入力抵抗を忘れてしまうことです。  入力バイアス電流の逃げ場がなく、+入力端子の電圧はどんどん上がっていき、オペアンプが動作できないところまでいってしまいます。
当然、入力抵抗を付けなかった回路は正しく動作しません。 


それと、入力のカップリングコンデンサの極性にも注意します。 相手側がGND電位だとすると、R3にバイアス電流が流れて+電位となる場合は、上の回路図のような向きにします。
NE5532のような入力NPNのオペアンプでは逆になります。
 
オペアンプの初段がPNPかNPNかは、ちゃんと把握する必要があります。
 
 
※)電流帰還タイプのように入力がダイヤモンドバッファで構成されている場合は、 バイアス電流はどっちつかずなので、コンデンサの極性は、どちらでもOKです。  気になるようでしたらノンポーラタイプ(両極性タイプ)にしておきます。
 
 
 

« 入力バイアス電流 | トップページ | ACアンプのNFB回路 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55953847

この記事へのトラックバック一覧です: 続 入力バイアス電流:

« 入力バイアス電流 | トップページ | ACアンプのNFB回路 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ