Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« フルディスクリート ヘッドホンアンプ基板 製作決定 | トップページ | チャレンジャー »

2012年10月20日 (土)

ソニーのポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1」

ソニーのポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1」

USB-DAC 24bit/96kHzまでの入力が可能。非同期のアシンクロナス伝送。
USB入力はiPod/iPhoneとのデジタル接続に対応。
 
Image4  
 
以下、抜粋
 
  Wolfsonの「WM8740IC」を搭載しており、これでD/A変換する事で、
  iPod/iPhone本体で変換するよりも高音質が得られる。電圧増幅部には
  オペアンプICとしてTIの「LME49860」が使われ、出力段には電流帰還型
  高級ヘッドフォンアンプICの「TPA6120」などを使っている。これらは
  正負の2電源によるOCL構成としており、パワフルな駆動力が特徴だ。
 
なかなか魅力的なポータブルヘッドホンアンプアンプです。
 
 
実は自作でiPod/iPhoneとのデジタル接続は難しいんです。
 
アップルの認証チップが無いとiPodからUSB-DACへデータ転送しない仕組みになっているので、そのICが入手できないとiPodからデジタル出力させることができません。
 
アップルは、そのICをライセンス料を含めた形でサードベンダーへ売ることで利益を得ることに成功しています。(IC1個あたり数千円と言われていますが商品カテゴリや数量に応じたライセンス料になっているんじゃないかと推測。)
 
それはさておき、ソニーさんもこのマニアックな世界にわざわざ商品を展開するというのにはちょっと驚きました。
TPA6120なんていうヘッドホンアンプICがあるんですね。 知りませんでした。
データシートを見たところ、なかなか良さそうです。
 
回路設計者としては面白みに欠けますが、何が何でもディスクリートというのは間違いで、優れたICにはそれなりに良さがあります。
 
音を聴いてみたいですね。
 

« フルディスクリート ヘッドホンアンプ基板 製作決定 | トップページ | チャレンジャー »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55924444

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーのポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1」:

« フルディスクリート ヘッドホンアンプ基板 製作決定 | トップページ | チャレンジャー »

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ