Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« 続 入力バイアス電流 | トップページ | スルーレートとは »

2012年10月26日 (金)

ACアンプのNFB回路

Nfb1

昨日は、この回路でした。    入力でDCをカットしたDCアンプです。
R1//R2 = R3 とするとバイアス電流のバランスがとれて出力オフセットを小さくできます。

この回路のNFBにコンデンサを入れてACアンプ化すると、

Nfb2

こんな形になります。
R2 = R3 でバイアス電流のバランスがとれます。
 

ACアンプ化のメリットは、直流で100%帰還となりますから、DCアンプより出力オフセット電圧が小さくなるという点です。

またNFB抵抗が同じ値のとき、アンプの入力インピーダンスを高くできます。
上の2つの回路図のR3の抵抗値に注目してください。


Nfb3

 
こちらは、FET入力のときに使える技で、DCは100%帰還して出力オフセット電圧を低く抑えこみながらも、交流は低インピーダンスでノイズが少なく、しかも電解コンデンサを排除しているので音質への影響も最小限というNFB回路です。 

R2の位置に高抵抗をいれる場合もあります。
 
そんなに珍しい回路ではなく、FET入力のアンプでは時折使われるテクニックです。
DCサーボを入れるより回路が単純で、良質のフィルムコンデンサを使うことで音質への影響が少なくできると言われています。

 
FETの入力インピーダンスが高いという特徴をよく活かしたNFB回路だと思います。
 
 
ここ3日間、バイアス電流とNFB回路のことをオペアンプで説明しましたが、ディスクリート構成のアンプでも全く同じです。  特にパワーアンプのようにゲインが少し高い場合、出力のオフセットが大きくなりがちなので注意が必要になってきます。 
ACアンプも工夫次第で悪くはないです。  
 
 

« 続 入力バイアス電流 | トップページ | スルーレートとは »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55953906

この記事へのトラックバック一覧です: ACアンプのNFB回路:

« 続 入力バイアス電流 | トップページ | スルーレートとは »

サイト内検索

Sponsors link

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ