Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

4万アクセス+記事数200

Access

 
こんなマイナーでマニアックなブログへのアクセスありがとうございます。
おかげさまで、4万アクセスと記事数200を数えるほどになりました。
 
これからも、適当に頑張っていきますので、よろしくお願いします。
 
 

鉛フリーはんだの信頼性

詳細はwikipediaの 鉛フリーはんだ を読んでいただくとして、ここでは私的な意見を。


Pbfree



続きを読む "鉛フリーはんだの信頼性" »

2012年10月30日 (火)

基板キタ

Hpa12_a

ついに基板きました。
 

続きを読む "基板キタ" »

アクセス解析

Access

日曜日くらいから、こんな感じで全国のどこからアクセスしているのか解析できるってツールを
追加してみました。 いわゆるブログパーツってやつです。

続きを読む "アクセス解析" »

2012年10月29日 (月)

クロスオーバー歪みとは

以前に紹介したアンプのスイッチングノイズの説明、ちょっと間違っていました。
 
 
Dist_a
 

続きを読む "クロスオーバー歪みとは" »

2012年10月28日 (日)

ヘッドホンアンプに必要なスルーレート

ヘッドホンアンプに必要なスルーレートはどのくらいなのでしょうか?
昨日の計算式と、下記の条件で計算してみましょう。
 
■出力電圧:1.73Vrms 帯域:20kHz (30Ω 100mW )
 
  SR = 2 x 3.14 x 0.02MHz x 1.73 x 1.41V = 0.31 [V/usec]
 
■出力電圧:1.73Vrms 帯域:100kHz  (30Ω 100mW)
 
  SR = 2 x 3.14 x 0.1MHz x 1.73 x 1.41V = 1.53 [V/usec]
 

通常CDを聞いているときは、0.5~1V/usecで十分といえます。

SACDやハイレゾ音源を聞く時には、もうちょい。 それでも2V/usecで足ります。

ヘッドホンアンプにはあまり高いスルーレートは必要ないということです。
 
   Sr3
 
 
 

続きを読む "ヘッドホンアンプに必要なスルーレート" »

2012年10月27日 (土)

スルーレートとは

詳しくはwikipediaでも読んで頂くとして、スルーレートにまつわるエトセトラでも書こうと思います。

スルーレートに注目が集まったのは、差動アンプに鋭い立ち上がり信号が入力された時に初段の差動回路の電流が片側だけになって、増幅回路として動作しなくなる瞬間がある。

それが、音質悪化へ非常に大きく影響する。 と フィンランドのオーディオ研究者マッティ・オタラ氏が1970年代に発表して業界で話題になったことが発端らしいです。
このひずみをトランジェント・インターモジュレーション・ディストーション(TIM歪)といいます。
 
 
結局、差動回路の片側電流集中を避ける(=TIM歪を小さくする)ためには、スルーレートが高い必要があるということで、その後、高スルーレートアンプが開花していくことになりました。 


Sr  
 
 

続きを読む "スルーレートとは" »

2012年10月26日 (金)

ACアンプのNFB回路

Nfb1

昨日は、この回路でした。    入力でDCをカットしたDCアンプです。
R1//R2 = R3 とするとバイアス電流のバランスがとれて出力オフセットを小さくできます。

この回路のNFBにコンデンサを入れてACアンプ化すると、

続きを読む "ACアンプのNFB回路" »

2012年10月25日 (木)

続 入力バイアス電流

昨日の説明が、ちょっと足りなかったので補足します。
 

Nfb0

 このような感じで+入力端子と-入力端子からみた抵抗値を揃えておくことで、オフセット電圧がでるのを小さくすることが出来ます。
 
 

続きを読む "続 入力バイアス電流" »

2012年10月24日 (水)

入力バイアス電流

ディスクリートアンプでもオペアンプでも同じですが、入力端子には僅かな電流がながれます。

それを入力バイアス電流といいます。 バイポーラ入力の場合は、ベース電流であることがすぐにわかると思います。

4558

続きを読む "入力バイアス電流" »

2012年10月23日 (火)

本日のスクエア

本日の試聴は T-SQUARE から Welcome to the Rose Garden というアルバム

Square

T-SQUAREは結構好きで、ライブに足を運んだことも何度かあります。
特に、この頃のメンバーが好きかもしれません。

 

続きを読む "本日のスクエア" »

2012年10月22日 (月)

ティアック HA-501 の構成

以前に、ティアック のヘッドホンアンプ HA-501の説明文が難解で、何をおっしゃっているのか分からないという記事をかきましが、これはインプレスウォッチの説明文が要約しすぎだったのが原因だということがわかりました。

製品情報>ヘッドホンアンプ>HA-501

メーカーの商品説明のサイトを読むと真相がハッキリします。

続きを読む "ティアック HA-501 の構成" »

2012年10月21日 (日)

チャレンジャー

ClassAA を試す
ClassAA を試す(後日談)
ClassAA を試す(雪辱戦)

なかなか楽しいブログを発見しましたので、紹介したいと思います。

Broken_tr

自分も回路を間違えてトランジスタがこういう風に割れて火が噴いたのを思い出します。

classAAヘッドホンアンプを応用して、スピーカーを鳴らすチャレンジをなされていて、
興味深い内容となっています。

続きを読む "チャレンジャー" »

2012年10月20日 (土)

ソニーのポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1」

ソニーのポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1」

USB-DAC 24bit/96kHzまでの入力が可能。非同期のアシンクロナス伝送。
USB入力はiPod/iPhoneとのデジタル接続に対応。
 
Image4  
 
以下、抜粋
 
  Wolfsonの「WM8740IC」を搭載しており、これでD/A変換する事で、
  iPod/iPhone本体で変換するよりも高音質が得られる。電圧増幅部には
  オペアンプICとしてTIの「LME49860」が使われ、出力段には電流帰還型
  高級ヘッドフォンアンプICの「TPA6120」などを使っている。これらは
  正負の2電源によるOCL構成としており、パワフルな駆動力が特徴だ。
 
なかなか魅力的なポータブルヘッドホンアンプアンプです。
 
 

続きを読む "ソニーのポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1」" »

2012年10月19日 (金)

フルディスクリート ヘッドホンアンプ基板 製作決定

みなさんの熱い想いが募りまして、基板製作を進めることを決定しました。
ありがとうございます。

現在、20枚近く希望が出てきましたので30枚くらい製造予定です。  製作前に、回路的にちょっと確認したいことがありますので、おそらく来週くらいには発注。
 
1週間後に基板が届いて、そこから実装。 テスト。 定数決定。 マニュアルの準備。 など、まあ、早くても11月中旬~下旬に販売開始できるかどうか。 そんなところだと思います。 

 

これまで、待ってきた方々を更に待たせるようなことになってしまいますが、何卒よろしくお願いいたします。  

 

中間報告もブログで行なっていく予定です。

 

Hpa12

続きを読む "フルディスクリート ヘッドホンアンプ基板 製作決定" »

2012年10月18日 (木)

MPSA18というトランジスタがヤバ過ぎる件

先週あたりから、初段トランジスタをとっかえひっかえしていますが、当初、このTRは音が硬い感じでした。

でも、何だか一味違う密度の高さを聴かせてくれていたMPSA18(Onセミ)がだんだんと化けてきました。

もともとMPSA18はノイズが少なく、Cobも小さく、hFEが高いので注目していたのですが、オーディオの自作記事にはあまり出てきません。 主にギターアンプやエフェクターの類に使われている感じでした。 

 

海外のアンプでも初段には使われず、定電流回路や2段目、バイアス回路などいまひとつ活躍の場がちがっているので、スペックの割には大したことがないのかもと考えていました。

hFEが高いものは音が良くないという意見と、逆にhFEが高いほうが良いという意見があります。
実際のところはどうなのでしょうか。 たとえば2SC1775(日立)はオーディオ向けで有名ですが、かなりhFEが高いTRです。

Mpsa18

 

 

続きを読む "MPSA18というトランジスタがヤバ過ぎる件" »

2012年10月17日 (水)

オーディオ用リレー

オーディオ機器ではリレーをよく使います。 特に高級機では入力信号の切り替えにも使われたりすることが多々あります。

ところで、このリレーは何でも良いのかというと、そうではありません。 

 

古いアンプの出力リレーが接点不良になるケースが非常に多いことは、年代の方々は体感的にわかっていると思いますが、その後バブルがはじけたくらいからのアンプは、以前ほどリレー不良がでていないということにお気づきでしょうか。

Relay01 

 

続きを読む "オーディオ用リレー" »

2012年10月16日 (火)

Zobelフィルタの謎

アンプの出力についているCR直列回路。

俗にZobelフィルタと呼ばれていますが、これは一体何のためについているのでしょう。 

Webで調べると諸説出てきて、どれが本当なのかわかりにくいです。 

ここで、ちゃんとした役割を説明してみようと思います。

Zobel_m

こちらはM社のアンプ。

続きを読む "Zobelフィルタの謎" »

2012年10月15日 (月)

ヘッドホン VS スピーカ VS カーステ

昔、テレビでカーステレオの開発現場と新製品の紹介をしていました。 番組名もいつ頃の話だったかもハッキリとは憶えていませんが、1990年代の後半だったと思います。

そこにチーフエンジニアの方が出演していまして、カーステレオはホームよりずっと良い条件で音を聴けるからカーステの方が良いんだ。 と豪語していたのをおぼろげながら憶えています。

そんなことはない。それはおかしいだろ。と、会社の先輩に話をしたら、その先輩も、いやいや、カーステは良いよ。 閉じた空間の中で音を聴けるから。 と。。。

 
Rxa1x_3

 

続きを読む "ヘッドホン VS スピーカ VS カーステ" »

2012年10月14日 (日)

P板com

Pban

先日、P板.comの方にお会いすることがありましたのでちょっとお話を聞きました。

続きを読む "P板com" »

2012年10月13日 (土)

ミュート用トランジスタって

オーディオ機器の信号の出力部にはポップノイズを低減するためにトランジスタを使ってミュートすることがあります。 高級機ではリレーを使うのですが、やはりコストが問題ですし、接点不良もおきます。

ライン出力端子やヘッドホン出力端子ですと、ミュート用トランジスタ(以降ミュートTR)で気になるポップノイズを落とすことが出来ます。

 

別にミュートTRではなくてもVsat の小さいトランジスタであれば良さそうなものですが、何が違うのでしょうか?

 

続きを読む "ミュート用トランジスタって" »

2012年10月12日 (金)

密かに更新してます。

Hpa1 

フルディスクリートHPA基板 頒布の方もちょいちょい更新しています。

諸事情もあって、アートワークがなかなか進んでいませんが、着実に完成度は上がってきています。

2012年10月11日 (木)

水晶のはなし

占いで使う水晶玉  クロック源としての水晶発振子 

どちらも単結晶の水晶、SiO2です。 化学式では石英ガラスとも同じ。
ただ、ガラスの場合は結晶がないアモルファス状態です。
占いの水晶玉のサイズを本当に単結晶で作るとすると、うん百万するらしい。

Quartz

そんなことはどうでも良いのですが、水晶屋さんとお話をする機会があったので
ちょっと余談を書こうと思います。

続きを読む "水晶のはなし" »

2012年10月10日 (水)

2SC2240の音

2240

フルディスクリートアンプの初段を2SC2240(東芝)に交換してみました。
こいつ、やっぱり只者じゃない。。。

続きを読む "2SC2240の音" »

2012年10月 9日 (火)

DCアンプである意味とは(2)

前回は、直流や極低音(10~30Hz以下)が与える悪さを説明しました。 結局、DCや極低音を増幅しない方が良いとの結果となりました。

では、どうしてDCアンプが良いとされるのでしょう。

   2つ理由があると考えます。

 
 
ひとつは単純です。 DCカットのコンデンサが音質へ影響するから。

 

続きを読む "DCアンプである意味とは(2)" »

2012年10月 8日 (月)

DCアンプである意味とは

読んで字のごとくDCアンプとは直流から増幅するアンプのことです。 

ただ、音楽ソースはレコード、CD、DVD、SACD、BS/CS放送、iPodなど、手に入れられるものには直流(DC)は含まれていません。  厳密にはデジタルソースでは直流も記録することは可能ですが、録音する時点で直流は有害なためカットされます。

では、アンプもDCアンプにする意味はないのでは?   その疑問はある意味

 

  正しい    と思います

 

小出力アンプの場合、低い周波数まで増幅すると聴感上のダイナミックレンジが多く取れないという問題もあり、わざと低い周波数をカットして、歪みにくくするような手法を取ることが多いです。 

続きを読む "DCアンプである意味とは" »

2012年10月 7日 (日)

続 カスコード回路

オーディオ回路では、もう一つの違った目的でカスコード接続することがあります。

    Cascode2

アンプの初段にFETを使うと、いろいろメリットがあるというのは、以前にどこかで書いたと思うのですが、もう一度おさらいしておきましょう。

・入力インピーダンスを高くできるためDCカットのカップリングコンデンサにフィルム
 コンデンサを使用できる。

・初段の電流を増やしてもノイズが増えないため、スルーレートを上げつつノイズも
 低いアンプが実現できる。

・入力バイアス電流が非常に少ないのでDCカットのカップリングコンデンサを取り払うこともできる。

続きを読む "続 カスコード回路" »

2012年10月 6日 (土)

カスコード回路

古くはカスケード接続とも言ったりします。
バイポーラトランジスタで説明しますと

    Cascode1

Q1がエミッタ接地でQ2がベース接地となっていて、Q1の出力(コレクタ)にQ2の入力(エミッタ)が
接続されています。

 

続きを読む "カスコード回路" »

2012年10月 5日 (金)

ネットチェック を CADLUS X と BSch で

インターネットの情報をチェックするという意味ではありません。

回路図のネットリストと基板データの回路ネットを照合することを、この業界ではネットチェックといいます。

フルディスクリート基板のアートワークを適当にやっていたのですが、実際に作るときには、やっぱりミスはおかしたくありませんから念のためネットチェックしようと思いました。

そのときにあれこれと手間取ったので、一応、情報共有という意味でここにまとめて
おきたいと思います。

Netcheck1

 

続きを読む "ネットチェック を CADLUS X と BSch で" »

2012年10月 4日 (木)

2013年、巨大な彗星がやってくる 満月よりも明るい

 
満月より明るい? 史上、最も明るく輝く可能性のある彗星が発見される  

 

2人のロシア人天文学者が、巨大な彗星が地球の方に向かってきているのを発見しました。氷と岩でできた直径3.2kmのほどの巨大な彗星で、おそらく歴史上で最も明るい彗星であると言われています。現在、彗星は土星の辺りを通過し、日に日に明るくなり、速度を増し
ています。  

らしいです。 ちょっと楽しみですね。

エネループ爆発寸前

Eneloop

充電していたら、こんな状態に! 

表面の被服が熱で縮んでしまっている。  

ちゃんと三洋のエネループ充電器を使っての充電なのに・・・
多分、2年で3回くらいしか充電しませんでした。 繰り返し500回には遠くおよばず、当然、モトは取れていない。

というか、危なくね??  これ

被服の塗装の焼け具合からみて100度は軽く超えていてたと推測します。

日本製も、ここまで品質が落ちてきたのか と思うと、なんだか胸が熱くなる想いです。

Made in japan   かつては高品質の象徴だった。。。
 

===========================
追記  後日、よく見てみたら、三洋電機株式会社 JAPAN と書いてあるだけで
     Made in JAPAN とは書いていませんでした。

     あまりに使用頻度が少ないと、このような事になるのでしょうか。
     自己放電が少なく、1年経っても80%くらい残量があるというのが特徴だった
     ような気がするのですが。。。。  やっぱり腑に落ちない。
     

2012年10月 3日 (水)

海外製のトランジスタ

日本製のトランジスタでTO-92のようなリードタイプのものは軒並み製造中止になってきています。

そうなると表面実装タイプにするか、海外製のものから選ぶしかなくなってきます。
 
    2n5088_
 

続きを読む "海外製のトランジスタ" »

2012年10月 2日 (火)

アンプの音質の調整

おそらく殆どのメーカーでも同様の方法をとっていると思いますが、基本的には耳で音を聞き分けて調整します。

最初にアンプを組んだあと、ひと通りアンプの測定をして発振などの不具合をつぶして
からの試聴スタート。これは基本だと思います。

さて、音を聞いて調整するという部分ですが、これは人によって得意・不得意があるようで、誰にでもできる作業ではないように思います。  たしか、イシノラボ店長さんもWEBで書かれていたと思うのですが、メーカに勤めていたからといって、全員がオーディオに熱心で情熱をもっているかというとそんなことはありません。 私が思うに10人いたら2~3人程度がオーディオに興味のある人。 その中でもさらに音を明確に聞き分けられるのは1人いるかどうか。 

おそらく私は、その1人に入れていません。 

続きを読む "アンプの音質の調整" »

2012年10月 1日 (月)

ミラー効果とは

バイポーラトランジスタ、FET、3極管、5極管など増幅をする素子で電圧増幅すると反転増幅になります。つまり入力と出力の信号が反転しているような増幅です。

もちろんオペアンプを使った反転増幅も同様です。 入力と出力の間にあるキャパシタンス(容量)は、この反転増幅のゲイン倍大きく見えるというのがミラー効果です。 大きく見える容量のことをミラー容量と呼ぶこともあります。

電流を鏡写しのように伝えるカレントミラー回路とは違います。 そちらは「鏡」の意味の「ミラー」ですが、ミラー効果のミラーは発見した人の名前(Millerさん)だそうです。

続きを読む "ミラー効果とは" »

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ