Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« チャレンジャー | トップページ | 本日のスクエア »

2012年10月22日 (月)

ティアック HA-501 の構成

以前に、ティアック のヘッドホンアンプ HA-501の説明文が難解で、何をおっしゃっているのか分からないという記事をかきましが、これはインプレスウォッチの説明文が要約しすぎだったのが原因だということがわかりました。

製品情報>ヘッドホンアンプ>HA-501

メーカーの商品説明のサイトを読むと真相がハッキリします。

Ha501_audio_2


ブロック図はこのようになっています。

入力セレクターの後にMUSES8920をつかったバッファーが1段あり、その後にボリューム、ディスクリートアンプという構成です。  フロントのAUX-INのみ入力セレクターの更に手前に1段バッファが入っています。 

ダンピングファクタセレクターは、想像の通りアンプの出力に抵抗をかますような形で実装しているようです。

この構成がちゃんと説明できない、宣伝部?商品企画部?はどうなんですかね。

モノは悪くないと思います。

ただ、価格が10万円超なので一般人は手は出ないですね。 
ソニーのポータブルヘッドホンアンプPHA-1(実売4万円)の方に魅力を感じてしまいます。

1台でiPod/iPhoneデジタル接続、バッテリー駆動のHPA。+ 96k/24bitアシンクロナスUSB-DACとしても活躍できますから。


« チャレンジャー | トップページ | 本日のスクエア »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55933354

この記事へのトラックバック一覧です: ティアック HA-501 の構成:

« チャレンジャー | トップページ | 本日のスクエア »

サイト内検索

Sponsors link

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ