Select Your Language

アクセス

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

アマゾンサーチ【寄付】

« DCアンプである意味とは(2) | トップページ | 水晶のはなし »

2012年10月10日 (水)

2SC2240の音

2240

フルディスクリートアンプの初段を2SC2240(東芝)に交換してみました。
こいつ、やっぱり只者じゃない。。。

交換してすぐに音を聴くと、C1815と比べて、さほどローノイズという感じでもないと思っていましたが、2~3日たつとノイズはかなり落ちて、殆ど聴こえなくなるまでになりました。

そして、C1815と比べてCobが小さく、fTも高いことから高域がもっと伸びるんじゃないかと想像していましたが、全くもって裏切られました。 

中高域は非常に滑らかで艶やか。 そしてマイルド。

ですが、低音の方は量感たっぷりとベース音を聞かせてくれます。


全体的には穏やかな印象ですが、隅々まで音の余韻が聴こえて大人な響きになったように思います。 低音の表現力が格段に上がったので低音マニア、低音ギークにもお薦め。

週末は、ちょっぴりチェンジニア気分で楽しみました。

 

C1815の元気さも楽しいですが、C2240の表現力を聴くと深く深く

音楽に浸って時間が経つのを忘れてしまいます。

 

 

« DCアンプである意味とは(2) | トップページ | 水晶のはなし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55854444

この記事へのトラックバック一覧です: 2SC2240の音:

« DCアンプである意味とは(2) | トップページ | 水晶のはなし »

サイト内検索

Sponsors link

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ