Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 初段のチューニング | トップページ | 電源の見直し2 »

2012年9月 5日 (水)

初段のチューニング(2)

昨日は、初段を2パラ構成にして初段のエミッタ抵抗の値を変えてみましたが、ノイズ面からすると抵抗値が小さいほうがよいというのは根本的に変わりません。

響きの繊細さからするとエミッタ抵抗は82Ωくらいが良いと思ったのですが、やはりノイズをもう少し小さくしたいです。 

さて、ここでもう一度、初段の電流を振ってみましょう。

 

今度はエミッタ抵抗は33Ω固定です。 この状態では高域が若干賑やかで明るめの音質ですがノイズはかなり小さく殆ど気になりません。
最初に電流を振ったときには、電流が多いと重心が低くちょっとダルい感じで高域は穏やか。 
電流が少ないと高域は賑やかな音になっていましたので、今度は電流を増やす方向に振ってみます。

ただし負荷抵抗を1kΩより小さくするのは負荷が重過ぎると思いますので、2段目の上側の抵抗を変えます。 本当は2段目の上下に入っている120Ωのバランスを崩したくなかったのですが実験のためいじりました。

この抵抗を変えたあと盛大にDCオフセットが出ますので、初段の電流値を可変抵抗を回してオフセットが±5mV以下になるように調整します。

2段目のエミッタ抵抗値: 

    120Ω <---> 120+33Ω <---> 120+82Ω

初段電流値 :

    1.2mA <--->  1.37mA   <---> 1.61mA      

音質: 

    賑やか <---> 少し華やか <---> 落ち着きのある音            
 
 
僅かな電流値の違いで大きく音の印象が変わりました。

これはちょっとヤバイかも。。。

1015_1815_10
 

こんな回路図になりました。 初段2パラはやめています。 

 

« 初段のチューニング | トップページ | 電源の見直し2 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55558388

この記事へのトラックバック一覧です: 初段のチューニング(2):

« 初段のチューニング | トップページ | 電源の見直し2 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ