Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« 出力段の調整 | トップページ | 完成としましょう »

2012年9月 9日 (日)

オーソドックス

インバーテッド以外の音も確かめたいので普通の2段ダーリントン出力にしてみました。

何の工夫も面白みもないオーソドックスな回路です。 こんな回路図を2週間ほど前にもにも書いたような気がするのはおそらく気のせいでしょう。
 
1015_1815_11
 

 
音は、くっきりはっきり。 解像度抜群。
ただ、若干明るめで重心が軽い感じでしたので、初段の方も少しいじりました。
 
最終段のエミッタ抵抗は10Ωのままですが、計算上は4.7Ωか3.3Ωくらいまで下げた方が良さそうです。
 

それでも音質的には2段ダーリントンの良い所がありました。 出力インピーダンスの低さが効いているのか非常に見晴らしが良く解像感が高い。 響きもきれいに広がっている感じがでています。 

出力段から発生する3次歪が適度にミキシングされているせいもあるのかもしれません。 
歪率の計測では殆ど違いが見えなくても音楽にのった時には、その違いを聞き取れるのが面白いところです。

耳って不思議なところに感度が良い場面がありますね。 
 
 
インバーテッドと通常のダーリントンとで比較すると、インバーテッドの方がヘッドホンの種類により聞こえる印象が異なるように感じました。 低音重視ヘッドホンだと、曲によってダブつくくらいの低音が聞こえるのにMDR-CD3000では低音が少し少ないように感じたり、ボーカルの聞こえ方もちょっと傾向が違っていたりと
音の方向性を決めにくいです。

それに対して通常のダーリントンの方は、キラキラ明るい音色はヘッドホンによらず一貫してキラキラで、初段電流を変えると、その音質の変化はどちらのヘッドホンでも同様の傾向を示します。 

これはアンプ側のキャラクタ(個性)が強いともとれますが、同時に音質調整がしやすいというふうにもとれます。
 
 

« 出力段の調整 | トップページ | 完成としましょう »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55596689

この記事へのトラックバック一覧です: オーソドックス:

« 出力段の調整 | トップページ | 完成としましょう »

サイト内検索

Sponsors link

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ