Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« ? | トップページ | 手書きパターン基板 »

2012年9月21日 (金)

フィルムコンデンサ

ひとくちにフィルムコンデンサといっても色々な種類があります。


Cap1

左からディップマイカ、マイラ、メタライズドポリエステル

Cap2

形状はだいぶ違いますが、どちらもメタライズドポリプロピレン


その他にも昔、大量に使われていたスチロールコンデンサという小さい筒状のものがあったりしますが、
最近は殆ど見かけないです。 

それぞれ守備範囲(容量の範囲/耐圧の範囲)が異なっていたり大きさが違ったりします。
半導体のオーディオ回路では耐圧は50~150V程度あれば十分ですので、下側の写真のような
大きなサイズのはあまり使いません。 スピーカーのネットワークに使った残りを写真に撮りました。


ディップマイカコンデンサは、薄い雲母(マイカ)を積層しています。 そのほかのフィルムコンデンサは
薄いフィルム(誘電体)と金属箔(メタライズド系は蒸着箔)を巻いたり積層したりしています。


どれも特性はわりと良いものが多いですが、位相補償などで使用する小容量でつかえるものは
少なく、ほぼディップマイカだけとなります。 
それ以外だと低誘電率のセラミックコンデンサがいい線をいくという感じです。 

フィルムを積層せずに巻いた構造のものはインダクタンスが大きく、高周波回路には向きません。
オーディオ用としては厚手の金属箔を巻いたフィルムコンデンサが音がよいとされています。
値段も高いものが多いので、あまり試してはいません。 
 
 

« ? | トップページ | 手書きパターン基板 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55683478

この記事へのトラックバック一覧です: フィルムコンデンサ:

« ? | トップページ | 手書きパターン基板 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ