Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« 差動回路の動作 | トップページ | アーリー電圧とは »

2012年9月28日 (金)

基板製作について

ご希望人数がある程度見てきましたら作ろうかと思うのですが、どうせ作るなら
少しでも多くの方が楽しめるよう、応用も利かせられるものにしたいと欲張っています。

欲張ると言っても配線パターンを重視しますので、悪影響がでない程度のものです。

■基本構成
  2SA1015/2SC1815 差動1段+2段目電圧増幅+2段ダーリントン3パラプッシュプル構成
  多量NFBタイプ ゲイン10dB~20dB
  電源部、リレー式保護回路も搭載


■応用構成

 ・高音質トランジスタ化
 ・FET入力化(FETの足曲げは必要)
 ・DCアンプ化
 ・初段2パラ化
 ・低NFB化(2段目に抵抗負荷回路追加)

その他にもご要望がありますでしょうか?
あまり派手に変更が要らないものであれば追加するかもしれません。 

コメントはフルディスクリートHPA基板 頒布・・・にお願いします。

 

« 差動回路の動作 | トップページ | アーリー電圧とは »

サイト内検索

Sponsors link

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ