Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« バランス | トップページ | 初段のチューニング »

2012年9月 3日 (月)

エミッタ抵抗の効能

A1015/C1815フルディスクリートヘッドホンアンプもいよいよ大詰めです。
細かいチューニング作業を始めています。

さてさて、ここで設計時のミスが発覚しておりますので、下記に説明いたします。

A1015
 
 
初段の回路には少し大きめのエミッタ抵抗をいれていますが、これの効果はいくつかあります。

■hfe、Vbeのバラつき吸収
  エミッタ抵抗により局部帰還がかかるためVbeのバラつきは殆ど
  無視できる程になります。 またhfeのバラつきは増幅度につなが
  りますが、ある程度のコレクタ電流(1mA以上)が流れていれば、
  負荷抵抗とエミッタ抵抗の比率でゲインが決まってくるので、hfeの
  バラつきも相当抑えられます。 
  トランジスタの同一ランク内の2倍程度の違いは、殆ど無視できる
  ほどになります。

■歪の低減
  エミッタ接地回路で増幅した波形の歪率はあまり良いものではあ
  りません。 コレクタ電流や負荷抵抗、振幅にもよりますが、0.5%
  から5%程度と波形が歪みます。

  例えば1%程度の歪が発生していたとして、エミッタ抵抗による
  自己帰還で20dBほど減衰させると 1/10の0.1%まで歪が減ります。

■ノイズの増加
  ちょっと見落としていたのですが、雑音指数NFはエミッタ抵抗を入れると悪化します。
  手元の資料によりますと、(特定のトランジスタ、特定条件での比較表)

  エミッタ抵抗    NF
     0Ω      4.3dB
    10Ω      5.6dB
    20Ω      6.8dB
    50Ω      9.4dB
   100Ω      12.4dB   という具合です。 

  NFはアンプを通すとどれだけノイズが増加するのかという数値です。 数値が大きいとノイズが多い。

お分かり頂けましたでしょうか?

そうです。 S/Nが悪いのはC1815のせいではありません。 私が悪かったのです。 
エミッタ抵抗を大きくしすぎていました。。。
 
 
出直してきます。 
 
 

« バランス | トップページ | 初段のチューニング »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55527579

この記事へのトラックバック一覧です: エミッタ抵抗の効能:

« バランス | トップページ | 初段のチューニング »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ