Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 歪みを測ってみました | トップページ | エミッタ抵抗の効能 »

2012年9月 2日 (日)

バランス

  Balance_
 

ここでは左右の音量バランスの事ではありません。 初段の電流値が音質に与える影響について実験してみました。

電流値   ノイズ    音質            負荷抵抗値
1.2mA    △     穏やか、ゆったり        1kΩ
0.6mA    ○     少し芯が出てくる        2.2kΩ
0.3mA    ◎     鮮やか(賑やか)        3.3kΩ

ざっと、こんな感じです。  音質とノイズのバランスをどうするか。 なかなか決めがたいところです。

0.3mAのノイズの低さで、0.6mAの音の芯の強さが得られると良いのですが。。。

次なる実験は、エミッタ抵抗の変更です。
かなり適当に120Ωを入れていますが、この抵抗は初段の局部帰還で、TRのバラつき吸収とともに初段の歪低減をしています。 ついでに初段のゲインがここで制限されているため、ノイズ量にも影響があります。

0.6mAでエミッタ抵抗を33Ωまで下げてみました。  そうすると

電流値   ノイズ    音質            負荷抵抗値    エミッタ抵抗値
0.6mA    ○     少し芯が出てくる        2.2kΩ       120Ω
0.6mA    ◎     鮮やか(賑やか)        2.2kΩ        33Ω

これはいかんです。  
初段0.3mAと同じ傾向です。。。 ただ、0.3mA時ほどのうるささはありません。
程よいエミッタ抵抗値があるように思えてきました。

こうやっていろんな表情を見せるのがディスクリートの面白い部分です。 
オペアンプを使うと簡単に回路を組めますが、音質調整範囲は限定的です。 そしてオペアンプの種類を交換するだけのチェンジニアになってしまいがち。 音質の違いを楽しむ趣味としては面白いんですがね。

と実験を進めたところで、今日はおしまい。 続きは明日。

C1815での音質の詰めは結構手ごわい。 スイートスポットが狭いとも言える。 だけど、現時点での正直な感想は、ノイズはあるがわりと良い音質、表現力です。 
 
 
 

 

« 歪みを測ってみました | トップページ | エミッタ抵抗の効能 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55495078

この記事へのトラックバック一覧です: バランス:

« 歪みを測ってみました | トップページ | エミッタ抵抗の効能 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ