Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« ボリューム | トップページ | 今日のコウモリ »

2012年9月15日 (土)

公約違反 DCヘッドホンアンプ

Fet_dc

ついついやってしまいました。 A1015/C1815ヘッドホンアンプのDC化。

初段をFETに置き換えることで入力バイアス電流を無視できるほどに小さくして、入力のDCカットコンデンサを追放してみました。

結果は。。。

      このアンプで聴いた事のない異次元の解像感と密度の高い残響音。

まだ定数をチューニングしきれていないのとエージングも1時間程度なので、さらに良くなる可能性を秘めています。

カップリングコンデンサで色々な音を失っていたようですね。
 
これは反則でしょうか。  
 
 

« ボリューム | トップページ | 今日のコウモリ »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

たかじんさん
試そうと思っていたこと,先越されてしまいました(笑).
そうですか、、、、自分の想定している音質のようで(製作に踏み切るか)揺れますね.

analogdevice さん こんにちは。

すみませんです。 先を越してしまいまして。 
こういう楽しみは、とっておくべきでしたね。

たまたま購入してあった2SK30ATMを使ってみましたが、gmが高い2SK170や2SK117などの
超ローノイズFETも使えるかと思います。 ソース抵抗と2段目のエミッタ抵抗の定数を最適化
することで好みの音質へ調整できる可能性が高いのではないでしょうか。

バイポーラにはバイポーラの良さがあり、FETにはFETの良さがありますね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55657901

この記事へのトラックバック一覧です: 公約違反 DCヘッドホンアンプ:

« ボリューム | トップページ | 今日のコウモリ »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ