Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« 初段の設計(4) | トップページ | 2段目の設計 »

2012年8月12日 (日)

初段の設計(5)

いよいよ初段回路も大詰めです。

負荷をどうするのかという部分です。


抵抗負荷の場合は、下記のようになります。 シンプルで良いですね。
 
1danme_a2
 
 

能動負荷の場合は、下記のようになります。
 
1danme_a1
 
 
重要視しなければならないところは、2段目のベース電圧です。
2段目のベース電圧=初段の出力電圧 となっているのですが、この電圧が低いとアンプ全体で振幅できる
電圧範囲が減ってしまいます。
この電圧を高くするには、抵抗負荷ですと抵抗値を小さくすれば良いだけですが、それでは負荷が重くなり
初段のリニアリティは悪化してしまいます。 そこで登場するのかカレントミラータイプの能動負荷です。
2段目ベース電圧を高く維持しながら、負荷は軽い(インピーダンスが高い)のが特徴です。

ただし、デメリットもあります。
初段の+と-入力の負荷が均等ではありません。 +側は数10kΩ、-側は数100Ωとかなりアンバランスです。
また、コレクタ電圧も均等ではないため、熱的なバランスも崩れています。
そんな訳で、気持ち悪くて私も今まで初段にはカレントミラー能動負荷を使ったことがありませんでした。

今回は、メリットとデメリット、どちらが勝るのか試す良い機会かと思いますので能動負荷を採用してみます。

失敗したら、抵抗負荷にします。

あとは、定電流回路ですが、上記の回路以上のものが思いつかないので、フィードバックタイプの定電流回路
をそのまま使います。 若干のモデファイがあるかもしれません。

« 初段の設計(4) | トップページ | 2段目の設計 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55326457

この記事へのトラックバック一覧です: 初段の設計(5):

« 初段の設計(4) | トップページ | 2段目の設計 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ