Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 初段の設計(1) | トップページ | どこの国? »

2012年8月 9日 (木)

初段の設計(2)

2SA1015と2SC1815の特性を見てみましょう。

まずは、IC-VCE特性から。 大電流時のグラフです。 

1015_vceic   1815_vceic

hfeは大きくバラつくものなので、IB=0.2mAとか0.5mAとか、数値的な部分にはこだわる必要はありません。 
それよりも全体的なカーブに注目してみます。

大きな電流のときは、やっぱりPNPとNPNで違ったカーブを描いているのが判ります。

次に、IC-VBE特性と思いましたが、A1015/C1815のデータシートにはIB-VBE特性が載っています。
ICに変換するのはIBに100とか150を掛ければよいと思いますので、あまり気にしないで
カーブを見ていきます。

1015_ibvbe   1815_ibvbe

スケールが違うので見にくいですが、注目するのは、直線領域がどこまで続いているのかという点です。
25度のときのカーブでいうとIBが100uAくらいまでは直線と言えそうです。
わりと良く似たカーブだと思いますが、熱くなるとPNP側の方のVBEが下がってきているようです。

その他、hfe-IC特性やft-IC特性なども見ましたが、良く揃っていると思います。
このことから上下対称差動回路にしても、いやな歪みの発生は少ないと思われます。
 
 
ますます、初段の回路構成をどうするか決められなくなってきました。
 
 

« 初段の設計(1) | トップページ | どこの国? »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55308418

この記事へのトラックバック一覧です: 初段の設計(2):

« 初段の設計(1) | トップページ | どこの国? »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ