Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« シーマン回路ではなく。 | トップページ | 抵抗の定数の決め方 »

2012年8月23日 (木)

基板レイアウト案

ざっくりと考えたレイアウト案です。

1015_1815_4

この回路図です。 電源デカップリングはまだ載っていませんが、基板上は出力段のすぐそばが望ましいです。
 

Invd_layout1
 
 
緑色の線が交差する配線です。 3箇所ほど交差がありますが、とりあえずユニバーサル基板で配線可能なレベルになったと思います。
抵抗は1/4Wを想定しています。 許容電力的には1/6Wでも間に合うのですが、許容電力が大きい方が音は良いと思います。 でもさすがに1/2W品だと大きすぎです。

回路図をそのまま基板にしたかのようなレイアウトなのですが、それなりの回路規模なので
初心者にはちょっとつらいかも知れません。

基板サイズは秋月のBタイプで2chが実装できる程度と思います。
2段目と出力バッファの間がちょっと開いているのは意図的です。 実験して結果がよかったら公開します。

レイアウト図は、OpenOfficeのDrawというソフトウェアを使いました。 フリーのオフィスソフトウェアです。
最新版はLibreOfficeと名前が変わっています。

 
 
あとは、作ってみるしかないですね。  
シミュレートとかしません。 出来上がったらすぐに音を聴いてみたくなるので、やっぱり実物がよいです。
 
位相補償の容量は、実際の回路にて5pFくらいから実験して波形を見て決めます。 
5pF -> 10pF -> 15pF -> 22pF  -> 33pF -> 47pF という具合です。 このくらいまできても安定していないならどこか別の要因があるような気がします。 
 
位相補償の大きさはスルーレートだけではなく、NFBの帯域にも影響があり、音声帯域内はなるべくNFB量一定になるようにしたいという目的もありますのであまり大きな値を使いたくないのです。

1kHzの歪み率に対して10kHzの歪が多いアンプは、概して高域がうるさく感じるアンプであることが多いからです。

 
 
 

« シーマン回路ではなく。 | トップページ | 抵抗の定数の決め方 »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55387426

この記事へのトラックバック一覧です: 基板レイアウト案:

« シーマン回路ではなく。 | トップページ | 抵抗の定数の決め方 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ