Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 出力段の設計(番外編) | トップページ | 全体をつなげてみる(2) »

2012年8月20日 (月)

全体をつなげてみる(1)

初段、2段目、出力段の回路構成がきまったので、とりあえず繋げてみた回路はこんな感じです。
 
1015_1815_1
 

こうしてみると、つならない回路ですね。
基本に忠実というか冒険をしていないというか。。。  特徴という特徴がありません。

おそらく音はまともで、どんなソースもそつなく鳴る優秀アンプだとは思いますが、いまひとつ作る気がしないです。
 
ここから改善・改悪どちらか判別は難しいけど、面白みのある回路にしていかなくてはなりません。その理由は明らかで、自作アンプ、かつ回路図を公開する以上は、回路自体にも面白みをだす必要があるからです。

見た目のキレイさでは上下対称回路は逸品で、回路公開が目的ならそうするところですが、今回は実際の音でびっくりさせなければいけないと考えていますので却下しています。(※)

また、製品の回路ならデバイスのバラつきや寿命を考慮しながら、その特性も仕様を満たす構成にします。内部回路がどんなにつまらなくても、出てくる音は表現豊かに仕上げるのです。

んま、そういう音質検討を1ヶ月くらい試聴室を占拠して実験できたのは、以前の職場の良さでした。 それを許してくれた上司のおかげでもあります。 感謝しております。

 
今回は、面白みのある回路構成、かつ音も楽しめる回路としたい。 そして使用トランジスタも限定なので、結構ハードルは高いような気がしてきました。 気づくのが遅かった・・・ かも。
 
 
 


 

※ 上下対称が良くないという意味ではありません。 私が上下対称で良い音に仕上げる自信がないからです。 滑らかで艷やかにするのが難しいのですよ。。。 聴き比べると平面的で生々しさが足りない感じになってしまう。

そこが多くの高級アンプでも初段は上下対称ではない片側差動回路が採用され続けている理由のひとつなのではないでしょうか。 勝手な推測です。
 
 

« 出力段の設計(番外編) | トップページ | 全体をつなげてみる(2) »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55355966

この記事へのトラックバック一覧です: 全体をつなげてみる(1):

« 出力段の設計(番外編) | トップページ | 全体をつなげてみる(2) »

サイト内検索

Sponsors link

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ