Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« どこの国? | トップページ | 初段の設計(4) »

2012年8月10日 (金)

初段の設計(3)

いまひとつ決め手に欠けるので、初段の構成を、ちょっと回路図にしてみました。

まずは、差動1段回路。 能動負荷としているのは、その方がゲインが高いのと負荷インピーダンスも高く
リニアリティに優れているからです。 また、左右の電流値が自動的に等しくなってくれます。 

1danme_a
 

 
 

次に上下対称差動回路で能動負荷の場合。
こんな感じでしょうか。

1danme_b
 
 
 

同じく上下対称差動ですが、能動負荷をやめて定電流を組んだ場合。
トランジスタ数は増えていません。

1danme_c
 
 

さすがに上下対称差動で能動負荷+定電流回路となると、初段だけで回路数が膨大となってしまい、自作するには向かないように思います。  トランジスタの数が多けりゃいいってものでもありません。

電源が強力で安定しているのであれば、2番目の回路構成なら良さそうです。
 
 
こうして回路図を書いてみると、差動1段の回路がシンプルなのに、定電流回路+能動負荷が実現できていますので、一番良さそうに思えてきました。    
ということで、これをベースにして行きましょう。  1つ目の差動1段に決定です。

 
能動負荷にはデメリットもありますので2段目の構成も考えながら、どうするのか決めていきたいと思います。
 
 
 
今日から回路図エディターには水魚堂の回路図エディタを使用しました。 簡単に使えて便利ですね。
何年ぶりでしょうか。 Ver2のころにも使用させて頂きました。 すばらしいフリーソフトウェアです。
 
 
 

« どこの国? | トップページ | 初段の設計(4) »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55320576

この記事へのトラックバック一覧です: 初段の設計(3):

« どこの国? | トップページ | 初段の設計(4) »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ