Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« プリリンギングとサンプリング周波数 | トップページ | アンプの電源構成を考える »

2012年8月 6日 (月)

アンプ全体の構成を考える

ひとことにディスクリートアンプの構成といっても、いろいろなタイプがあります。

まず、NFBをどうするか。

■電圧帰還アンプ
 トランジスタアンプでは最も一般的なタイプ。
 シンプルで低歪、DC安定度に優れる。
 初段に差動回路を使うことが多い。

Amp1

■電流帰還アンプ
 高速タイプのアンプに多い。 
 高スルーレート、高GBWだが、DC安定度はイマイチ。DCカットしてつかう
 ビデオ信号やRFアンプに多く使われてきたが、DCサーボをかけることで
 オーディオにも使われてくるようになったのは割と近年のこと。
 +入力と-入力のインピーダンスが異なるのも特徴のひとつ。
 真空管アンプで、出力トランスの2次側から、初段のカソード部へ戻して
 いるのは、実はこの電流帰還です。 つまり古い技術でもあります。 

Amp2

■無帰還アンプ
 完全に帰還がないタイプと、最終段からの帰還がないだけのタイプがある。
 構成はさまざま。

 

今回はどうるすか、悩ましい部分でありますが、ぺるけ式HPAで出力カップリングコンデンサがやっぱりネックになっているように感じましたので、DC安定度に優れる電圧帰還タイプで出力のカップリングコンデンサを追放しようと考えています。

 

DCサーボも難しくはないのですが、大抵はそこにオペアンプを使います。 

今回は”フル”ディスクリートと決めましたので、DCサーボはなしで、DCカットもしない出力となると自然と電圧帰還かなと。

もしかすると終段はNFBループから外した無帰還になるかもしれません。
そこは追々設計していきたいと思います。

 

« プリリンギングとサンプリング周波数 | トップページ | アンプの電源構成を考える »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55305058

この記事へのトラックバック一覧です: アンプ全体の構成を考える:

« プリリンギングとサンプリング周波数 | トップページ | アンプの電源構成を考える »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ