Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 製作開始 | トップページ | インバーテッドダーリントンのアンプ »

2012年8月27日 (月)

とりあえず試聴開始

A1015/C1815フルディスクリート ヘッドホンアンプの基板の配線がようやくつながり、火入れのときがきました。

DCオフセットの調整とアイドリング電流の調整を適当にやっておきます。

そして、ざっくりとクリップするまで入力をいれて、発振していないことを確認してからの試聴です。
音を聴いたあとにオシロで波形を見てみたら発振していたなんて経験もありますから、そこはあわてずに手順どおりにします。

  Invd_02
 

 

ざっと1時間くらい聞いた感じの感想ですが、まず、残念なお知らせがいくつかあるようです。

 ・ハムが乗っている。 完全に電源リップルですね。 ブーンと聞こえています。
  思ったよりPSRRが少ないようです。 何か改善策が必要です。

 ・DCオフセットがシビア
  ±5mVくらいには収まるようですが、一度調整して±1mVくらいまでおさえておいても徐々にドリフトしているようです。
  正確にはまだ追っていませんが、もっとドリフトするようでしたら対策が必要です。

 ・ノイズが聞こえる(ホワイトノイズ系)
  S/N比を測っていませんが、あまりにS/N比を気にしなさ過ぎたようです。 そういえば2SC1815(L)なん
  て選別品があるくらいなので、実はさほどローノイズではなかったのかもしれません。
  調整できるところは初段の電流値あたりなので、そこは試してみましょう。

良い面もあります。

 ・恐ろしくストレスフリーな音
  おそらく2次歪みも3次歪みも少なく、マイルドな音質のため、ついついボリュームが上がります。
  この点は活かしておきたいですね。 
 
  全体的にはダルい感じ。 夏ばてぎみの音というのがよいかもしれません。
  そして何だか物足りない。 大切な何かがないような気がします・・・ 


さてさて、この回路をどう料理していきましょうか。 楽しみですね。 
最悪、トランジスタの種類を交換なんてことにならないように祈っておきましょう。 私の部品箱には2SC2240が
眠っていて、初段のポジションを狙っているような気配がしてなりません。。。

 
改善前に少しエージングをしておかなければなりませんので、しばしの間お待ちください。

 

« 製作開始 | トップページ | インバーテッドダーリントンのアンプ »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55458004

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず試聴開始:

« 製作開始 | トップページ | インバーテッドダーリントンのアンプ »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ