Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« アンプ全体の構成を考える | トップページ | 初段の設計(1) »

2012年8月 7日 (火)

アンプの電源構成を考える

さてさて、アンプは電圧帰還にするということで、出力にはカップリングコンデンサをつけたくないという
条件からは、おのずと電源は±電源が必要になります。

その電源の作り方にもいくつかのパターンがあると思います。

■トランス電源
 ±独立した巻き線のトランスか、中点タップのある巻き線を使って整流したもの。
 オーディオアンプでは最も一般的かと思います。

センタータップ式のトランスの場合

Power1

独立巻き線の場合

Power2

■スイッチング電源
 絶縁した2つのスイッチング電源をつかって±電源とする。
 片側だけ壊れた場合はDCダダもれになってしまう危険があります。
 2つのスイッチング電源のパルスが同期していないと予想外のビートノイズ発生を引き起こす可能性もあるので、
 使うのであれば±両電源出力タイプのスイッチング電源がよいと思います。

Power3

■単電源から中点をつくる
 レールスプリッターと呼んでいるようですね。
 抵抗分圧式や、トランジスタのカレントミラーを使ったもの、オペアンプを使ったものなど色々ありますが、
 出力に大電流が流れると中点が振られるので、アンプx2chと同等以上の駆動力が必要と思います。 

■電池やバッテリー
 ±で独立した電池やバッテリーを使う方法。 これが最も安定、かつ低ノイズで有利な電源と思います。
 何かのときの保険に奥の手としてとっておきましょう。
 
Power4
 
  

ここでは、一般的なトランス式の±電源にしようと思います。

電源電圧は、そうですね。 6.3Vを整流した8.9Vの両電源でどうでしょう。
トランスはまだ決めていませんが、ヒータートランスで6.3Vというのがあるでしょうから、この電圧です。  

あまり電圧が高すぎても、発熱が多くなるのでA1015/C1815では不利になってしまいます。

 

« アンプ全体の構成を考える | トップページ | 初段の設計(1) »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55305191

この記事へのトラックバック一覧です: アンプの電源構成を考える:

« アンプ全体の構成を考える | トップページ | 初段の設計(1) »

サイト内検索

Sponsors link

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ