Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« DigiFi No7 明日発売 | トップページ | 本日の有珠メロン »

2012年8月29日 (水)

改善案(1)

まずは、ハムを低減したいです。

ハムの原因ですが、よく考えてみると、2段目は片側が定電流となっているので動作的に上下非対称になっていて
ます。 主にそこで電源リップルを拾っていると考えられます。
初段はきっちりと定電流を組んであれば、オーバーオールのNFB分はハムを低減できるはずです。

S/Nももう一息という感じがしましたので、まず初段の電流を減らしてみましょう。


Hum1
 

■初段の電流を減らす

この回路の場合、変更する場所は初段の負荷抵抗の値と定電流回路の半固定抵抗の部分です。
定電流回路のトランジスタも電流が小さいほうがインピーダンスが高く、定電流性が高くなるので有利になります。

負荷抵抗は1kのところを更に1kΩを直列にいれて2kΩとしてみました。
電流は初期値1.2mAから0.6mAに減ります。 
下側の定電流回路の抵抗は計算上500Ωですが、半固定抵抗も500Ωなのでオフセットが取りきれませんでした。

とりあえず、その状態での聞くとハムは少し減ったったようですが、まだ聞こえます。

■NFB量を多くする

NFBも少し多くしてみます。
5.6kΩと22kΩで約5倍のゲインを、10kΩと22kΩで約3.2倍と減らします。 
その差分の約4.7dB分はハムが少なくなる計算です。

ここまでくると、ハムはカナル型の低音重視ヘッドホンでしか聞こえなくなりました。 その音も僅かです。
あと一歩ですね。 


本日の実験は、ここまでですが初段電流とNFB量の変更で、ホワイトノイズも減って、全体としてはS/N感がよく
なったように感じました。


ちなみにDCオフセットは大丈夫そうです。 ちゃんと温度が落ち着いてから調整すればよいだけのことでした。


つづきはまた明日。
 
 
 
 

« DigiFi No7 明日発売 | トップページ | 本日の有珠メロン »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55466355

この記事へのトラックバック一覧です: 改善案(1):

« DigiFi No7 明日発売 | トップページ | 本日の有珠メロン »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ