Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« アンプのスイッチングノイズとは | トップページ | 本日のリス »

2012年7月 7日 (土)

実際に音楽を聴きながら波形計測

友人からオシロを借りているうちに、測定をしてみました。

実際に、自分は一体何mWで音楽を聴いているのでしょうか?
 
Music_a
 
 
結果はご覧のような数値に。

   ピークtoピークで 516mV

ヘッドホンのインピーダンスは30Ωなので、 (0.516/2)^2÷30Ω = 2.2mW (ピーク) 

 
 

意外と少ないですね。 これが本当のピークというわけではなく、たまたまオシロスコープで捕らえた波形から算出したものですが、若干の余裕をみて5mWくらいで、私の耳には十分ということが判りました。ただし、使用しているヘッドホンの能率によるところが大きいとは思います。

 

 腑に落ちないのは、YAHAアンプで4mWでクリップしていた時、音量を上げると確実に歪んでいるように聞こえました。 なので、少なくとも5~6mWくらいまでは聴いているんだと考えていました。 そして、今日、ピークtoピークを測ったときの方が大きめの音で測ったつもりです。 

 

歪みの絶対値もYAHAでは1%くらい出ていてもあまりうるさく感じないし、高域の帯域はぺるけ式より伸びているのにも関わらず、やわらかく暖かみのある耳障りの良い音に感じます。 

 

不思議なこともありますね。  

 

 

« アンプのスイッチングノイズとは | トップページ | 本日のリス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実際に音楽を聴きながら波形計測:

« アンプのスイッチングノイズとは | トップページ | 本日のリス »

サイト内検索

Sponsors link

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31