Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« ロンドンオリンピック  ポールマッカートニー | トップページ | 実験したこと »

2012年7月29日 (日)

カソフォロだけ?

HyCAAが進化して 0dB HyCAAになったわけですが、真空管を使っても増幅していないのでは
意味がないんじゃないかと、自分でも思うところはありました。

実はアルパイン/ラックスマン D-107uというCDプレーヤーでも似たような回路構成になっています。

D107uh
 
 

CDプレーヤーに真空管を使った独特の製品で、価格は12万円ほどする中級機です。
今みても格好良いですね。 こういうデザインは好きです。
音は聞いたことないんですが、この製品のために出力トランスを専用で設計したという凝り具合。
評判もなかなか良かったように憶えています。

このCDプレーヤーの回路構成は、DACからの出力を6CG7(なんと片側しか使っていない)のカソフォロに通して、OUTPUTトランスで出力という構成だったはずです。 
この6CG7の電源もわずか12V。  0dB HyCAAと同じです。

果たしてカソフォロだけで真空管の特徴的な音がでるのかと疑問に思いながらHyCAAをカソードフォロアに改造したのですが、実際に出てきた音を聴いて安心しました。
単に真空管がブームというだけではなく、ゆったりと流れるその音楽を聴いていると、時間に追われる生活から逃避して、この世界だけゆっくりとした時間が流れているような錯覚を覚えます。 
 
 
 
 

もうひとつ気になる製品があったのですが、情報が見つからず悔しい思いをしている製品があります。
 
 

Dynacocdv2
 

ダイナコのCDV-2です。 このCDプレーヤーは、同期入社のE氏が設計に携わっていたのですが、かれこれ10年以上付き合いが途切れてしまって、どういうように真空管を使っていたのか確認できません。

彼は2A3の音に魅了されて、真空管回路を学生時代から習得していたという、根っからの回路設計者でもあります。
 
 
 

 

« ロンドンオリンピック  ポールマッカートニー | トップページ | 実験したこと »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55298999

この記事へのトラックバック一覧です: カソフォロだけ?:

« ロンドンオリンピック  ポールマッカートニー | トップページ | 実験したこと »

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ