Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« カソフォロだけ? | トップページ | HyCAA ヘッドホンアンプまとめ »

2012年7月30日 (月)

実験したこと

0dB HyCAA誕生の裏にはボツった回路がありました。

せっかくなので紹介させてください。

0db_hycaa1_a

classAAの0dBアンプを除いて、C-ampのみをオペアンプで構成。
これで真空管の出力がそのままヘッドホン出力へとでて、しかもC-ampが電流を供給する。
と、思いましたが。  

残念な結果で、ざーーーーっと雨が降っている中に音が聞こえるという状態でした。
 
なんで? 梅雨が明けたというのに。。。   
 
 

0db_hycaa1_b

もう、ついでなのでオペアンプを外しちゃって、カソフォロだけでヘッドホンがドライブできるのかもテストしてみました。

やはり、ざーーーっと雨の中に小さく音が聞こえる。 ボリュームを上げると、その音があまり大きくならずに歪んでいく。 そうきたか。

なかなか興味深い経験ができました。
カソフォロは、ハイ・インピーダンスで受けてあげないとノイズが増える。 ということが分かっただけでも良い勉強になりました。 

 
 

« カソフォロだけ? | トップページ | HyCAA ヘッドホンアンプまとめ »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

この回路で動いていたらまさに初段の音を聞くアンプという感じで面白いですね。
ブリッジから先は真空管からは軽い負荷に見えるはずなのに
オペアンプのバッファがないとうまく動作しないのは不思議ですね。

トランジスタなら問題なさそうなので差し替えて音の違いも楽しめそうです。
今度試してみたいと思います。
VFETの2sk79なんかも使う予定のないストック、もといコレクションにあるので…

そうなんです。 やっぱり真空管をつかっている以上、そのままの出力を使ってみたいという気持ちになりましたから、試してみたのですがダメだったんです。

管球式プリの最終段にはよくカソフォロが使われるのですが、それでも受け側はかなりの
ハイインピーダンスで受けないとノイズが増えるということだと思います。
それとも、電源電圧が高いとノイズが減るものなのでしょうか。

VFET式0dB HyCAAは面白い発想ですね。 
JFETでもできるかとは考えていました。 バイポーラTRではバイアス電圧が必要になりますし、
トランジスタのエミフォロの音を聞いても。。。 っと思っていました。 

でも差し替えて音の違いを聞くという意味では、目的があって楽しそうです。
さすがにVFETは思いもしませんでした。 もし製作されましたら、またご報告ください。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55276399

この記事へのトラックバック一覧です: 実験したこと:

« カソフォロだけ? | トップページ | HyCAA ヘッドホンアンプまとめ »

サイト内検索

Sponsors link

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ