Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« SACDの測定値 | トップページ | HyCAA改良? 改変? »

2012年7月24日 (火)

HyCAA まとめのページがないのは

ブログですと、記事がこまぎれになってしまい、読むほうが大変だと思います。

一応、内容がまとまった時点でまとめページを作るようにしていますが、
HyCAAことHybrid classAA Headphone Amplifierのページはまだ作っていません。

なぜかと言いますと、ここまで読んでくださった方はお気づきかもしれませんが、

   そうです、   私が納得いく音になっていないから。  です。
 
 
Hycaa12au7_1mw__2

 
迷走しつつ、奔走しておりますので、もうしばらくお待ちください。
 
いまのところ球は12AU7がよろしいようです。
 

気になるページを発見。 真空管の寿命を著しく短くする効果的な方法

   プレート電流を流さない状態では、ヒータにより加熱されるカソード電極に
   中間層抵抗が生成されるという問題が発生します。
   この中間抵抗は、カソード電極の基体金属と、この基体金属を被覆する
   酸化物と間に生成され、カソード電極に対して、直列に介挿されます。
   つまり、(2)式の抵抗は、(製造時の内部抵抗)+(中間層抵抗)となる
   ため、中間層抵抗が大きくなるに従って、大きくなります。これにより、
   電流が少なくなり、許容値以下になると、真空管の寿命となります。

とのこと。

12Vで駆動すると、プレート電流が定格より大幅に小さい状態で使用しています。 
許容プレート損失的には寿命が延びそうですが、こちらのカソード劣化により寿命が縮むというのはイタダケません。  プレート電流は流し気味で設計する必要があるのかもしれません。

 

« SACDの測定値 | トップページ | HyCAA改良? 改変? »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55244977

この記事へのトラックバック一覧です: HyCAA まとめのページがないのは:

« SACDの測定値 | トップページ | HyCAA改良? 改変? »

サイト内検索

Sponsors link

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ