Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 見せるのか、魅せるのか | トップページ | ぺるけ式 ちょっと改造 »

2012年7月16日 (月)

HyCAAチューニング

HyCAAヘッドホンアンプの歪み改善を目指して、ちょっと抵抗値を変更してみました。
 
Hycaa_thd2
 
カソードに入れてある1kΩを変更して、自己帰還量を変えて歪が下がるかの検証です。
1kΩより2.2kΩの方が、プレート電流が増えたので、プレート抵抗を500kΩから330kΩへ変更しました。
そして4.7kΩとすると、またプレート電流が減りました。

ちなみに、プレート側の抵抗値を下げてもゲインは減りますが、音質的にはひどくなったので戻しました。
負荷が重くなると良くないようです。 ノイズは減っていましたが、我慢できない音質でした。。。
実験したのは交流負荷の100kΩを47kΩと22kΩに交換してみました。

こうした実験は、倍とか半分とか、大きく値を変更することで傾向をみるのが判りやすいです。
電圧を見て調整できるようなもので最適な電圧があるなら、抵抗は目指すところまで一気に行きます。
 
 

 

« 見せるのか、魅せるのか | トップページ | ぺるけ式 ちょっと改造 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/55188787

この記事へのトラックバック一覧です: HyCAAチューニング:

« 見せるのか、魅せるのか | トップページ | ぺるけ式 ちょっと改造 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ